唐揚げなのにヒエヒエ!? 「氷冷手羽っ唐」をありのままに食う【お取り寄せ】
唐揚げなのにヒエヒエ!? 「氷冷手羽っ唐」をありのままに食う【お取り寄せ】
みなさんは「唐揚げ」と聞いて、どんな想像をしますか?

アツアツの衣にプリッとしたお肉、ジューシーな油。ビールのおつまみには最高な一品であることは間違いないでしょう!

みなさんは「唐揚げ」と聞いて、どんな想像をしますか?

アツアツの衣にプリッとしたお肉、ジューシーな油。ビールのおつまみには最高な一品であることは間違いないでしょう!

しかし、世の中には「唐揚げ」なのにアツアツどころか、ヒエヒエな一風変わった極上のおつまみがあるのをご存じでしょうか?

この手羽元、見た目は普通の手羽元なのですが、

なんと凍っています。

この手羽元は自然解凍させ、冷たいままで食べるという斬新な「唐揚げ」なのです。

そんな「唐揚げ」があると知り、早速お取り寄せしてみました。

今回頼んだのは、有限会社鳥益が運営する「マーちゃんマート」から「氷冷手羽っ唐」という商品です。

「マーちゃんマート」とは手作り惣菜、食肉加工食品を中心にあらゆる食品、食材を安く提供しているお取り寄せサイトです。

そしてサイトより注文してから数日後……、さすがのクール便で到着しました!

早速開梱してみると、

透明な袋が霜で曇っている! その中にはいくつもの手羽元がひしめき合っている。

ヒエヒエに冷えているのが一目瞭然!

果たしてこれがどんな味わいやら食感なのか期待に胸を膨らませ、

それをとりあえず2つ取り出してみました。

そして1つを手に取りガブリ!!

ん!? カッチカチやぞ!! ちょっと食べられないくらい。

そこで商品梱包の詳細を見てみると、

あ、自然解凍するのを忘れていた!(笑)

興奮のあまり大事なことを忘れていました。

んー、15分から20分も待つなんて待ち遠しすぎる!

まーでも、アイスのCMで「幸せの瞬間は待つ人だけに訪れる」みたいなこと言っていたな。

ということでそのCMに倣い、解凍する時間を楽しむことにしました。

何して時間をつぶそうと考えたところ、フローズンつながりということであの『アナと雪の女王』の主題歌である「Let it go」をYouTubeで再生しながら待つことにしました(笑)。

ちなみに「Let it go」は、「放っておく」という意味もあるのでまさにうってつけ!

そうこうするうちに、気づけば時間は過ぎ解凍完了!

さて、どんな姿になっているでしょうか!?

ありのまま(さっきのまま)! 当たり前か(笑)。

それでも食べられる状態になったことは間違いないので、再び1つを手に取りパクっ!

ん~、ひんやりした口触りとパリッとした食感が新感覚! そしてじわりとくる甘いタレの味わい、後を引くピリッとした辛さ。

おいしい!!

凍っていたうま味が一気に口の中で解放されます!

「待って良かったー」としみじみ思えます。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、表面は解凍されているけど中はまだ半溶けな状態です。そのひんやりとした口当たりは心地よく、油っぽさもなくスパイシーな味付けは2口目、3口目を誘い次々と食が進みます。

あっという間に2本とも完食!

通常の手羽元は2本食べたらもういいかなと思ったりもするけど、この手羽元なら5本以上は食べられそうなくらい“やみつき”になります! 冷えた「唐揚げ」とヒエヒエのビールがまたよく合う。

提供している鳥益によると、このおいしさの秘密はいくつかあるようで、1つは国産ブランドである「赤鶏」を使用して特製甘辛ダレで味付けしているということ。

また、冷やしておいしく食べられるように特殊な揚げ方をしているようです。味わいを閉じ込めるために“-15度以下での急速冷却”が決め手とのことです。

さらに下処理で観音開きにされた手羽は持ちやすく、通常より食べやすくなっています。

こんなこだわり抜いた絶品の品がなんと1,080円(1パック500g・送料別)で食べられるなんて、企業努力には驚きです!

みなさんも是非お試しください!

お店情報

有限会社鳥益

住所:東京都葛飾区新小岩1-34-6
電話番号:03-3652-0875
電話受付時間:13:00~16:00
定休日:月曜日・日曜日・祝日
ウェブサイト:https://www.torimasu.com/

※この記事は2017年4月の情報です。
※金額はすべて消費税込みです。

書いた人:うちとみ運輸

放送作家、構成作家が所属するエンタメ集団。お笑いライブ、テレビ制作、舞台演出、Web記事制作などを主に活動を行う謎の集団。現在、月刊誌や広報誌、WEBなど各媒体で執筆中。



(更新日:2017年5月17日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(グルメ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME