くじらのおでんって食べたことある?「takehiro」のくじらコロにハマる【大阪】
くじらのおでんって食べたことある?「takehiro」のくじらコロにハマる【大阪】
こんにちは、メシ通レポーターのケメコです。
みなさん、「くじらコロ」って知ってます? これは、くじらの皮の部分をおでんの具材にしたもの。関西では昔から親しまれてきた味ですが、近年はめっきり見なくなりましたね。わたし自身、名前は知っているものの食べたことはありません。
関東方面の方は、「くじらコロ」の存在も知らない人が多いのでは?

こんにちは、メシ通レポーターのケメコです。
みなさん、「くじらコロ」って知ってます? これは、くじらの皮の部分をおでんの具材にしたもの。関西では昔から親しまれてきた味ですが、近年はめっきり見なくなりましたね。わたし自身、名前は知っているものの食べたことはありません。
関東方面の方は、「くじらコロ」の存在も知らない人が多いのでは?

今回ご紹介する「おでんバル takehiro」は、そんな昔懐かしの「くじらコロ」のほか、多種多様な一品料理が味わえるお店なのです!

カウンターを中心としたおでんバル

うえほんまちハイハイタウンという多目的施設の2Fにあります。

カウンターを中心とした店内。テーブル席もありますよ。

自慢は日本酒のラインアップ。地酒など常時20種類ほどの日本酒をそろえているので、じっくり飲む日にももってこい。

おでんの具材は、定番の「大根」や「玉子」から「とまとチーズ」、「フォアグラ大根」など変わり種も。期待が高まります……!

おだしのベースはあっさり。その中に隠し味として黒毛和牛のうま味を入れ込み風味豊かに仕上げているそう。

おだしが染みておいしそう〜!!

今ではちょっと珍しいくじらを食べよう!

小学校の給食の時にくじらの唐揚げを食べて以来、くじら料理にはとんとお目にかかっていないし、まったくその味を覚えていません。

くじら
クジラ
KU・JI・RA
あの大きな体の持ち主は、果たしてうまいのだろうか……!?

まずはお刺身から。こちらはくじらの舌の部分「さえずり」です。

▲くじらさえずり 刺身(742円)

醤油をつけて……

んん! 脂がのって、すごくおいしい!
濃いめの醤油とすごくよく合います。みょうがと一緒に食べれば爽やかさがプラスされてさらにおいしい! 日本酒がくいっとすすみます。

続いては、「ベーコン」。

▲くじらベーコン 刺身(637円)

これ、うまい!!
燻製にすることでうま味が凝縮され、つまみにもってこいな味わいです。これはクセになる。

そして、お待ちかねの「くじらコロ」。

▲くじらコロ(637円)

くじらの皮を油で揚げて乾燥させたものを、やわらかくするためにぐつぐつ煮込んで仕上げた、自慢の一品です。

プルンプルン!

ふわっふわ!

わー! コレめっちゃおいしい!!


かみ締めるとおでんのだしが口いっぱいにあふれます。「くじらコロ」自体はたんぱくな味わいなのですが、とにかく食感が楽しい! もみゅっとしたやわらかなかみ応えは、ほかではなかなかないです。これはイイ。あっという間に2本たいらげちゃいましたよ。

くじら以外にも豊富なおでんメニューをそろえる「takehiro」。おすすめの5点を盛っていただきました。

▲手前から菊菜ベーコン(205円)、たこ(248円)、和牛すじ(248円)、大根(108円)、とまとチーズ(356円)

いずれもじんわりと染み入るおいしさ。たまりませんね!


おでん屋さんなのにこんなメニューも!?

「takehiro」は「おでんバル」と名乗っているだけあって、おでん以外の一品メニューも豊富なのが特徴。

ぐつぐつ煮たったアヒージョ。

▲本日のアヒージョ(529円)、バケット(162円)

この日はホタルイカとたけのこをアヒージョに仕立てていました。

間違いないおいしさ! バケットにうま味が染み出たオイルをくぐらせて食べるのがおすすめです。

ハモン・セラーノから切りたての生ハムも!

▲生ハム切たて(529円)

うま味たっぷりのおでんは、懐かしの具材くじらから創作おでんまで豊富に食べられるし、その他一品メニューも和洋問わずに幅広く楽しめる「takehiro」。

何を食べたいか迷ったら、とりあえず行って間違いない包容力抜群のお店でした! そして「くじらコロ」は、ぜひ試してみてほしい絶品でしたー!!

お店情報

おでんバル takehiro

住所:大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 うえほんまちハイハイタウン 2F
電話番号:06-6776-9077
営業時間:17:00〜22:30(LO)
定休日:不定休

※この記事は2017年4月の情報です。
※金額はすべて税込みです。

書いた人:ケメコ

福井県出身、大阪府在住。某エンタメ系企業にて雑誌編集に携わり、その後コピーライターを経てフリーランスに。大衆居酒屋から小洒落たカフェまで、うまいと聞けばどこへでも突入。ゆえに体重増量中。



(更新日:2017年5月17日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(グルメ)

dマーケットの「話題のドラマ・映画特集」

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME