パッケージが可愛すぎる!人気の横浜土産5選!
パッケージが可愛すぎる!人気の横浜土産5選!
人気の観光スポット「横浜」。おしゃれな街並みはそこにいるだけで心ときめくものですよね。そんな横浜をモチーフにした可愛いパッケージのお土産が、横浜周辺にはたくさんあるんです!

人気の観光スポット「横浜」。おしゃれな街並みはそこにいるだけで心ときめくものですよね。そんな横浜をモチーフにした可愛いパッケージのお土産が、横浜周辺にはたくさんあるんです!

そこで今回は、横浜ならではの可愛い包装のお菓子を5つ紹介しちゃいます! これをあげれば喜ばれること間違いなし!?

横浜三塔物語スティックケーキ

「横浜三塔」の伝説をスティックケーキに!


「横浜三塔物語 スティックケーキ」660円(税抜)

横浜港には、「キングの塔」と呼ばれる神奈川県庁(左)、「クイーンの塔」と呼ばれる横浜関税(右)、「ジャックの塔」と呼ばれる開講記念会館(中)の3つのシンボル的な塔があり、“横浜三塔”として長年愛されているのだとか。そんな三塔が描かれているのが、その名もズバリ「横浜三塔物語」というスティックケーキ!

パッケージだけでなく味もそれぞれ違い、香りの良いチョコレートを使用したちょっぴりほろ苦い濃厚チョコチップ、オレンジの果肉を練りこんだ爽やかな風味のしっとりオレンジ、アールグレイの紅茶葉とローストアーモンドを練り込んだ深みのあるアールグレイナッツの3種。どれも世代を問わず愛される優しい味わいです。

実はこの三塔、半径100m以内に隣接して建っているのですが、現在は高い建物に邪魔されて、三塔を一度に見渡せる場所は3カ所に限られているとか。その3スポットを1日で巡ると、「願いが叶う」なんて伝説もあるそう。お土産を渡すときは、「この三塔を一度に見るといいことがあるみたいだよ♪」とエピソードを添えると、会話が弾みそう!


店舗には開港時代に横浜で開窯した、「眞葛焼」のコレクションも!
パティスリーモンテローザ 横濱本店
TEL/045-251-3643
住所/神奈川県横浜市中区長者町8-136-9
営業時間/13:00~22:30
定休日/日曜日(祝祭日除く)
アクセス/京浜急行「日ノ出町駅」より徒歩3分
JR京浜東北線、JR根岸線「桜木町駅」より徒歩11分
「関内駅」より徒歩9分
「パティスリーモンテローザ 横濱本店」の詳細はこちら
その他購入できる場所/新横浜駅キュービックプラザ1階、横浜高島屋7階「ヨコハマ・グッズ001」、そごう横浜店地下2階「諸国銘菓」ほか、市内有名お土産売店にて

横浜チョコレート「赤い靴」

手のひらサイズのチョコレートには横浜の物語が詰まってる!


横浜チョコレート「赤い靴」 280円(税別)

横浜の観光名所である山下公園には、童謡「赤い靴」の銅像があることから、横浜には「赤い靴」をイメージしたお土産がいっぱい。そのうちの一つが、赤い靴のチョコレート!

レトロさが漂うマッチ箱サイズのパッケージを開けると、赤い紙に包まれた可愛いらしい“赤い靴”が登場。小さな女の子がはいていそうな靴の形になるよう、つまさきを丸くしたり、ストラップの位置を高めにしたりとこだわり抜いた一品なのだそう。
小ぶりに見えるけど、チョコレートに厚みがあり、食べてみると満足度大! まろやかで苦味が少なく、どんな世代にも愛されるベーシックな味です。


三種の絵柄が可愛い!

パッケージは「氷川丸」「ベイブリッジ」「チャイナ」の3種類があり、どれも横浜の印象的な風景をイラストにしたもの。箱の中には、童謡「赤い靴」の歌詞カードも入っていて、横浜に受け継がれる物語を感じられそう♪

ちなみに、赤レンガ倉庫内の店舗には、お菓子以外の赤い靴グッズもズラリ! 中でも、赤い靴を履いているように見えるデザインの「赤い靴下」(972円/税込)は大人気。「チョコレートに、もう一つ何か添えて渡したい!」という人にはピッタリかも!


「赤い靴下」972円(税込)
お店は赤いリフトに乗ったマネキンが目印
赤レンガデポ
TEL/045-650-8208
住所/横浜市中区新湊1-1-1 赤レンガ倉庫1号館1階
営業時間/10:00~19:00
定休日/なし
アクセス/みなとみらい線「馬車道駅」から徒歩10分
「赤レンガデポ」の詳細はこちら
その他購入できる場所/リッチモンドホテル、ベイシェラトンホテルなど横浜市内ホテルのショップ、そごう横浜店地下2 階「諸国銘菓」など

馬車道十番館「ビスカウト」

ザクザク食感が楽しい、由緒あるレトロなビスケット


「ビスカウト」9枚入り 1550円(税別)

新橋~横浜間で鉄道が開通した1870年頃の風景を描いた、レトロな包装が特徴の「ビスカウト」。「ビスカウト」とは、ポルトガル語で「ビスケット」の意味なんだとか。ザクザクとした食感の生地と、間に挟まれたクリームが相性バツグン!

クリームはレモン、チョコレート、ピーナッツの3種類で、爽やかな風味が香るレモンが女性には人気なのだそう。ビスケット自体の甘さが抑えめな分、それぞれのクリームの味が引き立ちます。
また、大人の女性に渡すなら、生地にココアを練りこんだちょぴり大人味の“黒いビスカウト”も喜ばれそう。ほどよい甘さのホワイトチョコレートが挟まれていて、こちらも美味。


「ビスカウト プレト」1枚170円(税別)

ちなみに、ビスカウトに刻印されている可愛いマークは、“ガス灯”を表したもの。横浜は、日本のガス灯の発祥地で、それが由来になっているのだそう。
見た目がかわいいのはもちろん、賞味期限が約90日と長めなので遠方の人へのお土産にももってこいです!


明治の西洋館を再現した店舗はとってもレトロ
馬車町十番館
TEL/045-651-2621
住所/神奈川県横浜市中区常盤町5-67
営業時間/レストラン/11:00~22:00、喫茶・売店/10:00~22:00、バー/16:00~23:00
定休日/なし
アクセス/横浜市営地下鉄・ブルーライン・関内駅・9番出口 徒歩1分
「馬車町十番館」の詳細はこちら
その他購入できる場所/新横浜駅キュービックプラザ3階売店、横浜駅西口高島屋地下1階売店など

横浜にじいろラスク

みなとみらいに虹をかけるパステルカラーのキュートなラスク


「にじいろラスク」 7枚入り 1080円(税込)

横浜を代表する観光名所、みなとみらい地区がパッケージに描かれたラスク。「横浜にかかる虹」をイメージしたというデザインは、パステルカラーで優しい雰囲気です。

“にじいろ”という名前の通り、レモン、抹茶、いちご、フランボワーズ、ホワイト、ミルクなど7色&7フレーバーのチョコレートで彩られたラスクは、とってもカラフルで可愛い♪ メイプルシュガーを使用したラスクと、表面に塗ったチョコレートとの“甘さバランス”を絶妙に保つため、一枚一枚職人さんが手作業でチョコレートを塗っているというからすごい!

見た目の可愛さから女性が購入することが多いみたいだけど、新横浜の店舗ではお土産としてサラリーマンの方にも支持されているそう。職場に持っていけば、「どの味がいい?」「この色かわいい!」なんて盛り上がること間違いなし!


新横浜店ではラスクのバラ売りも可だとか♪
プチ・フルール 新横浜キュービックプラザ店
TEL/045-472-0050
住所/神奈川県横浜市港北区新横浜2-100-45 キュービックプラザ新横浜2階
営業時間/9:00~21:00
定休日/元旦を除き無休
アクセス/横浜市営地下鉄・ブルーライン「新横浜駅」徒歩1分
「プチ・フルール 新横浜キュービックプラザ店」の詳細はこちら
その他購入できる場所/ランドマークタワー1F、川崎ラゾーナ1Fなどの直営店のほか、横浜駅西口高島屋地下1階売店など

えの木てい「横濱ローズサブレ」

横浜市の花、ローズをモチーフにしたサクサクサブレ


「横濱ローズサブレ」8枚入り 900円(税抜)

横浜市の花として制定されている“バラ”をモチーフとしたローズサブレ。パッケージには、「えの木てい本店」の外観が、美しいバラと共に水彩画風の柔らかいタッチで描かれていて、なんともお上品な雰囲気。
「女性の永遠の憧れとされるバラをモチーフに、女性が喜ぶお菓子を作りたいと思った」というだけあって、乙女心をくすぐられます!

バラをかたどったサブレは、サクサクとした歯触りでバターが香る優しいお味。生地には、バラの花びらも入っているとか! 美しいバラの形は、発売当初の開発メンバーが手書きでデザインし、試行錯誤を経て作られたオリジナルの型を使用しているそう。

そのほか、バタークリームの中にダークチェリーが入った「チェリーサンド」も、お店の看板商品として大人気。ローズサブレと一緒に買って帰るお客さんも多いとか。

チェリーサンドのサブレは、少し厚みがあってホロホロとした食感なので、2つセットでお土産にして、ローズサブレと食べ比べてみるのも楽しそう!


「チェリーサンド」 230円(税別)
お店の周辺はかつての外国人居留地。観光してみるのも楽しいかも!
えの木てい本店
TEL/045-623-2288
住所/神奈川県横浜市中区山手町89-6
営業時間/11:00~19:00(カフェラストオーダーは18:30)
定休日/年末年始を除き無休
アクセス/みなとみらい線「元町中華街駅」(6番アメリカ山公園出口)徒歩10分
「えの木てい本店」の詳細はこちら
その他購入できる場所/新横浜駅キュービックプラザ3階売店、そごう横浜店、赤レンガ倉庫(赤レンガ倉庫ではチェリーサンドの取り扱いはありません)など
まとめ

レトロなものからイマドキ感のあるものまで、可愛くてご当地感があり味も美味しい横浜土産。お土産を渡すときにパッケージのエピソードをちょこっと添えると、土産話にも花が咲きそう!

※この記事は2017年4月時点での情報です

(更新日:2017年5月17日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(おでかけ)

dマーケットの「話題のドラマ・映画特集」

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME