中田ヤスタカにサカナクション…。音楽ファンも注目すべきジャニーズの名曲たち 
中田ヤスタカにサカナクション…。音楽ファンも注目すべきジャニーズの名曲たち 
長年にわたり男性アイドル界のトップを走り続けているジャニーズ。しかしその音楽性について、ファン以外からは、「アイドルだから」「どうせジャニーズでしょ?」といった目で見られることが多く、なかなか注目してもらえないことも多い。しかし彼らの楽曲には、音楽ファン注目の意外なアーティストが関わっているものが多くある。

山下達郎にスガシカオ…大物アーティスト渾身のデビュー曲たち

ジャニーズがアーティストから提供された楽曲として、山下達郎が作曲を担当したKinKi Kidsのデビュー曲「硝子の少年」を思い浮かべる人は多いかもしれない。山下といえば、「クリスマス・イブ」などで知られる国民的な人気を誇るミュージシャンだが、当時制作陣には、“オリコンチャートでの初登場1位”と“ミリオンセラー”という厳しい条件が課されていたそう。「この楽曲を制作するときは、かなりのプレッシャーだった」と、ヒットメーカーである山下も後に苦労を語っていたほどであった。山下は同じくキンキの「Kissからはじまるミステリー」や、ほかにも近藤真彦、少年隊など多くジャニーズへの楽曲提供を行っており、2016年2月には、妻である竹内まりやが作詞、山下が作曲を務めた「復活LOVE」を嵐へ提供したことでも話題となった。

また、シンガーソングライターであるスガシカオも、ジャニーズへ多くの楽曲提供をしているアーティストの一人だ。B’z・松本孝弘とともに制作したKAT-TUNのデビューシングル「Real Face」を提供した際、スガは「(KAT-TUNは)デビュー前から話題になっていたので、売れないと俺のせい? ものすごいプレッシャーだった」と後に語っている。作詞には、今までで一番時間がかかったのだとか。

中田ヤスタカ、サカナクションに星野源…ジャンル、キャリアを問わないアーティストによる楽曲提供

SMAPは、槇原敬之などいわゆる大物アーティストから楽曲提供を受けているイメージが強いが、実は若手アーティストからも多く曲の提供を受けている。2013年発売のシングル曲「Joy!!」は、20代前半のガールズバンド・赤い公園のギター津野米咲が作詞作曲を手掛けた作品。ほかにも、サカナクション・山口一郎による「Moment」「Magic Time」や、Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅのプロデューサーとしておなじみの中田ヤスタカが手掛けた「Amazing Discovery」「ココロパズルリズム」、クリープハイプ・尾崎世界観が手がけた「ハロー」など、後輩アーティストから多数楽曲提供を受けている。また、ラストシングル「愛が止まるまでは」は、ゲスの極み乙女のボーカル・川谷絵音の作詞・作曲によるものであった。

関ジャニ∞も、話題のアーティストから多くの楽曲提供を受けている。2015年に発売されたアルバム『関ジャニ∞の元気が出るCD‼』には、OKAMOTO’SやKANA-BOONなど若手ロックバンドによる書き下ろし楽曲を多数収録。また、今年6月末に発売予定のニューアルバム『ジャム』には、ユニコーンや岡崎体育など、音楽バラエティ番組「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)でつながりをもったアーティストたちも多数参加している。同アルバムには、“ニセ明”こと星野源が楽曲提供をすることも発表されている。ちなみに星野は、2007年に嵐5人が主演で公開された映画『黄色い涙』の劇中音楽の作曲をいくつか手掛けていた。


ほかにも、山下智久に対して、相対性理論やパスピエ、など意外なアーティストから楽曲提供を多く受けているジャニーズ。以前はヒットのために大物アーティストを起用するイメージがあったが、現在は若手アーティストや“ジャニーズっぽくない”アーティストをあえて起用することで、お互いの普段は見られない魅力を引き出してくれているように思える。

アイドルと侮ることなかれ、ジャニーズの「音楽性」にもぜひ注目してみてはいかがだろうか?

(文/尾崎梨衣@エクスライト)

(更新日:2017年5月20日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(音楽)

dマーケットの「話題のドラマ・映画特集」

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME