top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「政次に『頑張っていこう』と声を掛けてあげたい」高橋一生(小野政次)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

もっとエンタメ

 虎松(寺田心)の後見の座を巡り、直虎(柴咲コウ)と激しく対立してきた小野政次。だが、井伊家乗っ取りを画策しているかに見えた行動の裏には、直虎に対する幼なじみとしての思いが秘められていた。そして、その真意を知った直虎。新たな局面を迎えた2人の関係は、今後どうなっていくのか。政次役の高橋一生が、転機となった第18回の舞台裏や撮影中盤を迎えた思いを語った。

 


-第18回、政次と直虎の対話は見応えがありました。

 政次は、今考え得る最善の方法で直虎と向き合ったんだと思います。目付という立場上、本音を全て出してしまう訳にはいきません。それでも、できる限りベストな形で本音を言いつつ、家老や目付などいろいろな見地から総合して、「戦わない道を選ぶ」という答えを出したのではないでしょうか。

-柴咲コウさんとあの場面を演じた感想は?

 お芝居というのは、せりふの応酬ではないと思っています。僕が一番大事にしているのは、言葉の間(ま)や呼吸。歌舞伎の世界に例えるなら、拍子木が鳴っている時ではなく、拍子木と拍子木の間です。そこに人間の本質的なものが宿ると考えています。その間の呼吸やアイコンタクトによって、お互いに通じ合うものが生まれる。お芝居はどこまで行っても“ごっこ遊び”だと思う方もいるかもしれませんが、そうではない瞬間を求めてやっているのが俳優だと思っていて。そんな瞬間が、あの時の柴咲さんとの間には確かにありました。

-政次と直虎の関係は、このドラマの大きな見どころです。撮影も半年を過ぎて、柴咲さんとのお芝居の感触も変わってきたのでは?

 柴咲さんは、僕の芝居を細かく見てくださっています。最初のころは、「どんなお芝居をするんだろう?」と探りながら演じている印象がありました。ですが最近は、迷いがなくなって「政次は大丈夫」という感覚が目に現れているので、僕も安心してお芝居ができます。その通じ方は、この半年やったからこそだと思うので、とても大事にしています。

TOPICS

ランキング

ジャンル