top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

侍と忍者に続き、今度は力士がメジャーへ?/川口和久WEBコラム

週刊ベースボールONLINE

大谷効果も追い風に



筒香のアジャスト能力は高い

 プレミア12が終わり、国内のFA移籍も終結間近……。
 いつもより早く終わった2019年シーズンは、ストーブリーグも早めに終わりそうだね。

 あと残る注目はメジャー移籍か。
 DeNAの筒香嘉智がいち早く、ポスティングシステムの申請をしたが、日本のSAMURAI(侍)に複数球団が興味を示しているという。

 でも、これが4、5年くらい前だったらどうなっていたのかな。
 当時、「日本のホームランバッターはメジャーでは通用しない」が定説になっていた。今より手を上げる球団が少なかったのは間違いないだろう。
 大きな追い風は大谷翔平だ。二刀流だが、基本的には投手で行ったと思ったら、故障もあって、今季は打者に専念。長距離打者でも通用することを証明した。

 筒香は大谷と同じ左打者で、その才能についてはメジャー関係者も高く評価していたというが、大谷によって、その裏付けができたんじゃないかな。
 あと、最近はなんでもかんでもトラックマンだからね。筒香のスイングも徹底的に解析され、いけると判断しているんだと思う(社交辞令もあるだろうが)。

 問題はアウトコースの対応力かな。メジャーの外は広いし、審判によって取る、取らないがバラバラ。今の筒香のスイングだと、ボールを追いかけて体が動き、引っ掛けるケースが増えるだろう。
 ただ、すり足にした大谷もそうだけど、うまくメジャーでフォームを修正する選手が多い。みんな意外と器用だな、と思っていたけど、逆にいえば、パワーだけではなく、そういう器用さがないと、違う世界の野球に対応できる選手にはなれないのかな。

 筒香は、もともとそのあたりは柔軟でフォームを毎年のように微調整している。ただ、対応力には長けた選手だが、逆に長け過ぎているように思うこともあった。
 考えすぎるというのかな。それがメジャーでどう出るかだが、はまれば大谷を超える可能性は十分にある。
 守備が不安という人もいるが、最近のメジャーの外野手、特にレフトは結構、レベルが下がっている。無難にやれば問題ないと思うよ。

 SAMURAIだけじゃなく、NINJA(忍者)も海を渡る。
 広島の菊池涼介だ。俺はあまりメジャーの野球が好きではないのだが、菊池が出るなら見たいな。
 力と力、データとデータの対決がメーンとなってきたメジャー・リーグで、菊池の感性の守備は、どうマッチングするんだろう。
 メジャーで一番うまいセカンドであることは間違いないと思う。別にマッチしなくても、異分子として輝くのも面白いな。
 バッティングにしても、菊池には何をしてくるか分からない魅力がある。大味なメジャーの中で、バントや右打ちもできる菊池が活躍する可能性は十分あると思う。
 
 海外FAで秋山翔吾はいるが、ポスティングでSAMURAIとNINJAがメジャー挑戦……で、きれいにまとまったと思ったら、今度は巨人の山口俊か……。あいつはRIKISHI(力士)かな。
 山口については、いずれまた書きます。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル