top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

朝ドラで脚本が本当に神がかっていた作品とは…?

JOOKEY

NHKの連続テレビ小説通称「朝ドラ」は1961年に放送が開始され、「なつぞら」がちょうど100作目の作品になりました。数多の名女優を生み出した作品も、その内容が面白く次の展開が気になって、毎日欠かさず観てしまったという人も多いのでは。そんな朝ドラの中で、ストーリーの軸となる脚本が秀逸だった作品について、10〜40代の男女に聞いてみました。

 

■質問内容

2000年以降の朝ドラで脚本が本当に神がかっていたと思う作品はどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:13年「あまちゃん」 34.0%
2位:01年「ちゅらさん」 19.0%
3位:10年「ゲゲゲの女房」 18.0%
4位:14年「マッサン」 11.0%
4位:15年「あさが来た」 11.0%
6位:14年「花子とアン」 8.0%
6位:18年「まんぷく」 8.0%
8位:13年「ごちそうさん」 7.0%
9位:12年「梅ちゃん先生」 5.0%
9位:19年「なつぞら」 5.0%

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル