top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「たくさんの人に愛情を注がれた分、虎松はみんなを守る優しい男の子になると思います」寺田心(井伊虎松)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

もっとエンタメ

 井伊家の跡継ぎとして、直虎(柴咲コウ)の後見を受けて大事に育てられることになったのが、直親(三浦春馬)の遺児・虎松である。後に直政を名乗り、隆盛の礎を築くことになる井伊家の“新たなる希望”の子ども時代を演じるのは、人気子役の寺田心。8歳の少年らしく愛嬌(あいきょう)たっぷりに、初めて体験した大河ドラマの舞台裏を語ってくれた。

 

-大河ドラマ初出演が決まって、一番喜んでくれたのは誰ですか。

 おばあちゃんです。おばあちゃんは大河ドラマをよく見ているので、喜んでくれました。

-おばあちゃんと一緒に大河ドラマを見たことはありますか。

 まだ全部は見られていないんですけど、おばあちゃんが鹿児島出身で「鹿児島の人も見ているんだよ」と言っていたので、一緒に「篤姫」(08)を見ています。

-虎松を演じてみて、大変だったことや楽しかったことは、どんなところでしょう。

 普段とは全然違う髪形や着物なので、全然違う僕になったみたいで楽しいです。難しかったのは、僕は左利きなので、右手で何かをすることです。ご飯を食べる時とか、常に意識をしています。右手で食べなきゃって。

-昔の言葉を話すのは難しいですか。

広告の後にも続きます

 先生がいろいろ教えてくれます。やっぱり難しいけれど、おばあちゃんとお母さんが鹿児島出身で、昔の言葉とちょっと似ているところがあるから、教えてもらって一緒に練習しています。

-台本をもらった後、どんなふうにお芝居の練習をしていますか。

 分からない漢字はお母さんに付箋を貼ってもらったり、読み仮名を書いてもらったりして、「ここはこうだよ」って教えてもらって一緒に練習しています。こういう時はこういう気持ちでとか、こういう時は悲しい気持ちでとか、いろいろあるんですけど、お母さんも監督さんもマネジャーさんも、いっぱい教えてくれるから、分かりやすいです。



TOPICS

ランキング

ジャンル