ラルクアンシエル内紛勃発①hydeとtetsuyaが事務所と断絶
ラルクアンシエル内紛勃発①hydeとtetsuyaが事務所と断絶
「SMAP」に続く内紛劇がボッ発――。日本を代表する4人組ロックバンド「L'Arc~en~Ciel」(ラルクアンシエル)が、25年間所属している芸能事務所「マーヴェリック」から年内に独立する意向であることが、本紙の取材で分かった。

ボーカルのhyde(48)らがギャラの未払いなど、問題が頻発する同事務所に強烈な不信感を抱いているためだという。最悪の場合、バンド解散の可能性も急浮上している。

周知の通り、結成28年だったSMAPは、リーダー・中居正広(44)ら所属のジャニーズ事務所からの独立派と残留派の木村拓哉(44)や中間派の間で分裂し、昨年いっぱいで解散した。今年秋には、所属のジャニーズ事務所から独立するメンバーも出るともみられている。

国民の関心事となった騒動の余波がくすぶる中、1991年の結成からあ26年のラルクも事務所から離れる意向であることが分かった。

人気バンドの内情を探ると、SMAPの解散騒動勃発時をほうふつとさせる〝分裂騒動〟が起きていた。hydeとリーダーでベースのtetsuya(47)が中居らと同じように独立派、ギターのken(48=写真②左)は木村と同じように残留派、ドラムのyukihiro(48=同・右)は、稲垣吾郎(43)と同じような中間派と分かれているというのだ。

レコード会社関係者はこう証言する。

「hydeとtetsuyaの2人が事務所と断絶状態のようだ。事務所がメンバーにギャラを支払わなかったり、DVDの制作をめぐるトラブルを起こしたりしているそうで、2人の事務所に対する不信感はピークに達しているらしい」

下積み時代から現事務所に所属しているラルクは1990年代後半に大ブレーク。「HONEY」などミリオンセラーを連発した。

「実はマネジメント形態が少々複雑なんです。ラルクはバンドとしては四半世紀にわたって現事務所と契約しているが、hydeとtetsuyaの2人は現事務所の〝ある問題〟に嫌気が差しているようで、それぞれ個人事務所を設立して活動している。4人の見解が合致次第、年内にもバンドとして事務所から独立する見込み」(前出関係者)

周囲のスタッフたちも事務所を離れることに賛同しているという。

では、メンバーが憤慨した〝ある問題〟とは一体何だったのか――。ズバリ、ギャラの未払いトラブルだ。

それは、ラルクが2006年11月に東京ドームで開催した結成15周年記念コンサートで起きた。この公演は衛星放送WOWOWが独占放送したが、放送権料の分配で紛糾したという。別のレコード会社関係者が声を潜める。

「WOWOWが事務所側に支払った放送権料は600万円ほどだったそうで、それを事務所とメンバーで分配する約束だった。だが事務所側は、そのカネを昨年まで懐に入れたままだったらしい。この事実が発覚し、事務所側は謝罪したようだ」

※②に続く

(更新日:2017年4月20日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME