ゴールデンウィークの沖縄満喫!ガイドブックでは教えてくれないココだけの王道プラン
ゴールデンウィークの沖縄満喫!ガイドブックでは教えてくれないココだけの王道プラン
せっかくの沖縄旅行。絶対ハズしたくないっ!
そんなアナタに、地元の島ガールも納得のおすすめ15スポットを紹介しちゃいます★

せっかくの沖縄旅行。絶対ハズしたくないっ!
そんなアナタに、地元の島ガールも納得のおすすめ15スポットを紹介しちゃいます★

これならきっと沖縄を楽しみ尽くせるはず!なプランを3日間に分けてご提案。
全て行くのも、厳選するもヨシです◎
ガイドブックでは教えてくれない「ココだけの話」が見つかりますよ♪

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

【1日目/南部】瀬長島ウミカジテラス

1日目は南部のスポットで楽しみ尽くすべし!

空港から降り立ったその足ですぐ立ち寄れるのがココ。
2015年にオープンしたばかりの新スポットなので、島ガールも大注目中なんです。
ちなみに名前の「ウミカジ」とは沖縄方言で「海風」のこと。
その名の通りオーシャンビューテラス席のあるカフェやグルメはもちろん、オシャレでリゾート感溢れる一角でショッピングも楽しめちゃう**
「着いたよー!!」ってSNSにあげる写真も、オシャレに撮れるはず★

瀬長島ウミカジテラス


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000185085/photo/

2015年夏に、那覇空港近くに誕生した、「瀬長島ウミカジテラス」。 沖縄の特産品を取り扱ったグルメ・スイーツや、ジュエリー等のショップが揃っており、沖縄の海を目の前にしながら観光もショッピングも楽しめるショッピングモールです。

\口コミ ピックアップ/
真っ白い建物が印象的で、ロケーションが最高でした!
話題の新スポットなだけあります!テラス席が多いので、晴れてたら気持ちがいいですね。
(行った時期:2016年9月)

最終日に空港へ行く前によりました。
建物もかわいく、おしゃれな雰囲気です。
また景色が良くて、ちょうど夕日が沈むのを見れたので良かったです。
(行った時期:2016年11月)

瀬長島ウミカジテラス
住所/沖縄県豊見城市瀬長174番地6
「瀬長島ウミカジテラス」の詳細はこちら

【1日目/南部】沖縄アート体験 美ら風

思い出だけじゃくて、残るモノも欲しいなぁ。という人におすすめなスポット★
定番のシーサーはもちろん、キャンドルやオルゴールも作れちゃう!
家に帰っても、作ったモノをみればいつでも楽しかった思い出がよみがえる…
そんな体験ができるのはやっぱり、自分でモノづくりすることが一番だと思うんです。

沖縄アート体験 美ら風


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000182415/photo/

★☆★シーサーや琉球ガラス、キャンドル、オルゴールなど、沖縄アート作品を作って、沖縄土産として直ぐにお持ち帰りできます!★☆★
国際通りや牧志公設市場の散策と合わせて沖縄アート体験が楽しめる美ら風(ちゅらかじ)です。
家の守り神「シーサー」や絵柄をマシーンで彫り込んだり色付けする「琉球ガラス」、透明な「キャンドル」、島唄の「オルゴール」、星の砂入りの「とんぼ玉」など、作って直ぐに持ち帰れますので、手作りのお土産や沖縄旅行の思い出作りに最適です。

★☆★国際通り近く!手作りの沖縄土産がゲットできます!★☆★
沖縄土産といえば、「シーサー」や「琉球ガラス」。
美ら風では国際通りや牧志公設市場でお土産選びやランチに合わせて、気軽に立ち寄れ、「シーサー」や「琉球ガラス」、「キャンドル」などが1時間程度で作れて、すぐに持ち帰ることができますので、手作りの沖縄土産にピッタリ!

★☆★こどもから大人まで、おひとりから団体様まで、さまざまな方が体験できるメニューを準備!★☆★
子どもでも簡単に作れるシーサー絵付けから、マシーンに手を入れて琉球ガラスに絵柄を彫り込むエッチング体験まで、17種類の沖縄アート体験があり、100席完備ですので、ファミリーやカップル、団体様迄お楽しみいただけます。
★☆★雨の日や暑い日でも快適に過ごすことができ、夕方のコースにも対応!★☆★
美ら風は平和通りアーケードにありますので、雨の日でもアーケード内は快適にお買い物や体験ができますので、雨の日コースとしても利用価値大!冷暖房完備ですので、沖縄の一日を快適に過ごすことができます!
また、日中はアクティブに行動した後、20時まで体験受付していますので、夕方の沖縄の過ごし方としてもオススメ!

\口コミ ピックアップ/
国際通りの中にあり場所が分かりやすかったです。キャンドル作りをしましたが、小さなガラスで出来た海の生物がかわいくて、今でも大切にしています。
(行った時期:2016年5月)

国際通りの中心にあり、お買いものの途中に立ち寄れるので便利です。
作成中はいい意味でスタッフの方が放置してくださるので、作業に集中できます!
閉店間際にも関わらず、こだわって作ったところ1時間40分もかかりご迷惑をおかけしてすみません。
嫌な顔せず作業が終わるのを待ってくださいました。
他にもとんぼ玉つくりやキャンドル作りも体験できるようなので、
またいつか行きたいと思います。ありがとうございました!
(行った時期:2015年8月25日)

沖縄アート体験 美ら風
住所/沖縄県那覇市牧志3-2-50
「沖縄アート体験 美ら風」の詳細はこちら

【1日目/南部】ブルーシールアイスパーク

小腹がすいたらスイーツでしょ!
沖縄のアイスといえばブルーシールは有名だけれど、ここならさらにオリジナルアイスバー作りもできるから楽しい♪(※要予約)
オキナワンなアイスを自分好みに食べられるからおすすめ★
施設の隣は販売店なので、もちろん普通に食べるだけもOK♪

ブルーシールアイスパーク


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000185808/photo/

沖縄で生まれ、約70年の歴史があるブルーシールアイスクリーム。牧港本店隣に次世代を担う子どもたちのための夢のある施設が誕生。ミュージアムスペースでは貴重な写真や情報を展示。ミニプラントコーナーでは普段見られない製造現場が見学でき、アイスクリームの保管温度-20度の冷凍庫体験ができる。また、事前予約すればオリジナルアイスバー作りの体験もできる。子供も大人もみんなが大好きなアイスクリーム、楽しくアイスドリームの世界を体験しよう。

\口コミ ピックアップ/
沖縄のアイスクリームショップ、ブルーシールの本店です。地元の人から観光客まで、いつもたくさんの人で賑わっているお店です。もちろんアイスクリームも最高です。
(行った時期:2016年4月16日)

ブルーシールのアイス作りから冷凍庫体験《とにかく寒い》まででき、食べるだけでは味わえない体験が沢山出来る、子供も大人も「絶対楽しい」という感情を味わえるオススメの場所です!ブルーシールのアイスが更に好きになりました!
(行った時期:2017年2月)

ブルーシールアイスパーク
住所/沖縄県浦添市牧港5-5-6
「ブルーシールアイスパーク」の詳細はこちら

【1日目/南部】斎場御嶽

女子ならとりあえず行っておくべき!
世界遺産でもあり、沖縄で一番有名なパワースポットなんです♪

「御嶽」とは沖縄の言葉で「祈りの場」を意味する言葉。
もともとは男子禁制の神聖な場所だったこともあって、神秘的な雰囲気が味わえるんです。
島ガールもパワーがほしいときには足を運ぶところなので、行ってみるときっと旅にもいいご利益があるハズ★

斎場御嶽


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_47346af2170018879/photo/

平成12年12月世界遺産。琉球最高の聖地で、アマミキヨが造った七御嶽のひとつとされる。国王の参詣や聞得大君(琉球の最高神女)の即位儀礼などが行われた。「セーファ」とは「霊力に豊に満ちている場所」の意味である。

\口コミ ピックアップ/
ある小説で出てきたスポットで、ぜひ一度見てみたいと思っていました。
観光客も多かったですが、地元の方も多い印象でした。
パワースポットといわれているだけあり、
何とも言えない雰囲気に包まれ、何も言えなくなりました。
ただ、呆然と立ち尽くしてしまいました。
言葉ではうまく言い表せないですが、
一度行ったら感じることのできるモノがあると思います。
そして、ますます沖縄の地が好きになると思います。。
写真で見るより、自分で行くべしなスポットです。
(行った時期:2017年1月)

世界遺産にもなっていてパワースポットとしても人気があるところです。岩場がとても見ごたえがありました。
(行った時期:2016年12月)

斎場御嶽
住所/沖縄県南城市知念字久手堅
「斎場御嶽」の詳細はこちら

【1日目/南部】ガンガラーの谷

鍾乳洞の谷間に、豊かな自然とオシャレなカフェが共存する非日常的空間が広がるスポットです。
ガイドさんの案内が評判で、谷間一帯を回り終えるころには人類のロマンについて考えちゃう…らしい!?

島ガールとしてのおすすめはそこだけじゃありません!
施設内のケイブカフェがオシャレで素敵★
コーヒーが特に美味しいって噂なので、確かめてみてくださいね♪

ガンガラーの谷


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000178156/photo/

数十万年もの時が創りあげた鍾乳洞が崩壊してできた谷間、「ガンガラーの谷」。この自然豊かな谷間一帯を専門ガイドの案内で巡るツアーが人気を呼んでいる。コースでは、鍾乳洞跡にそびえ立つ、高さ20メートルもの大主(ウフシュ)ガジュマル、数百年も前から、命の誕生と健やかな成長を願う場所として人々が訪れてきた種之子御嶽(サニヌシーウタキ)、日本人のルーツともいわれる「港川人」の住居跡の可能性から発掘調査等も行われている洞窟跡など、自然からさかのぼる人類の壮大なドラマを体験できる。洞窟をそのまま利用したカフェの非日常的な空間もオススメ。

\口コミ ピックアップ/
ガイドさんに案内していただきながら探索しました!
マイナスイオンにあふれていて気持ちよかったです!
昔の人の骨が発掘された場所や、昔はつながっていたという崖などを見ました。
とっても興味深くて楽しい時間を過ごせました!
終わりがけに見た高台からの景色は忘れられません。
(行った時期:2016年11月)

洞窟カフェっというケイブカフェ。
ランチをしたあとに寄って、コーヒーを飲むのがオススメです。他にもアイスやオリジナルジュース、アルコールなどがあって、異空間のカフェはとっても良かったです!
駐車場からすぐ近くなのでとってもいいですよ!スニーカーじゃなくても全然いけます。
(行った時期:2016年10月4日)

ガンガラーの谷
住所/沖縄県南城市玉城字前川202
「ガンガラーの谷」の詳細はこちら

【1日目/南部】[oHacorte](オハコルテ)

沖縄のオシャレ女子御用達のカフェ★レトロな外人住宅の雰囲気が素敵で、外観もケーキもすっごく写真映えしてカワイイ!と地元では密かな人気スポット!
実は、お店の周辺一帯が「港川ステイツサイドタウン」っていうエリアになっていて、食事のあとも雑貨屋さんをのぞいたり、景観自体も素敵だから、散策しながら写真を撮ったりしても楽しめちゃいます◎

[oHacorte](オハコルテ)


出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB001065540/photo/

\口コミ ピックアップ/
大通りからは少し中に入った所にあるのですが可愛らしい素敵なお店でした。ナビに住所を入れると迷わずに辿り着けました。可愛いタルトケーキが沢山ありました。店内で食べて、お土産に持ち帰りもしました。クッキーも美味しかったです。
(行った時期:2014年4月)

港川外人住宅にあります。いろいろな果物を使ったタルトはかわいいミニサイズで、どれも食べてみたくなります。店内は、北欧などの雑貨も売っていて、とにかくおしゃれです。フルーツのタルトをイートインしましたが、一緒に注文したドリンクのコースターも可愛くてついつい持ち帰ってきました^ ^タルトは、サクサクでとても美味しかったです。お土産にとりサブレを購入しましたが、こちらも美味しかったです。
(行った時期:2016年7月)

[oHacorte](オハコルテ)
住所/沖縄県浦添市港川2-17-1♯18
「[oHacorte](オハコルテ)」の詳細はこちら

【1日目/南部】琉装スタジオ ちゅら美人

せっかくだからみんなお揃いで色鮮やかな琉装の記念撮影すると、きっといい思い出になるハズ★★
沖縄の人でもなかなか琉装の衣装は持ってないものなので、地元でもこういうスタジオに撮りに行きますよ!
ココのおすすめポイントは、なんといっても「着付けのスピーディーさ」◎
なんでも、目にもとまらぬ速さでお化粧までしてくれるんだとか!?写真も自分のカメラを預けてたくさん撮ってもらえるし、ノリで国際通りの散歩もOKなんて楽しめること間違いなしっ!

琉装スタジオ ちゅら美人


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000180227/photo/

琉装スタジオちゅら美人では、琉球民族衣装の体験と撮影ができます。

衣装が豊富で、簡単なコースから本格的なコースまで楽しめます。
お客様のカメラ・携帯電話で撮影をします。
小道具(和傘、花笠等)を使い、パターンを変えて撮影します。
最後にフリータイム、自撮りタイムもありますので、自由に撮影してください。

【移転のお知らせ】2016年2月20日、すぐ近くに移転!
移転先:沖縄県那覇市牧志3-2-47-1階
平和通りの中になります。1階でますます便利に見つけやすくなりました。

\口コミ ピックアップ/
3人で利用させていただきましたが値段が安かったので期待はあまりしていなかったのですが、髪型やお化粧までしていただけることにびっくり!!
琉装もいろいろな色があり友達と色違いの3色を勧めていただき仕上がりにもとても満足です!
撮影も背景が真っ白なところでとるのでモデル気分も味わえます笑
撮影していただいた方もとても面白く楽しい時間を過ごせました!
(行った時期:2016年6月2日)

事前に予約して行ったので、待つことなくできました。
へアセット、着付け(色とりどりの衣装がたくさんあるので選ぶのに迷います)はスタッフの方が手際よくしてくれ、あっという間に琉球美人になれますよ。
写真のポーズもスタッフさんが教えてくれ、持参したスマホやカメラで何枚も何枚も撮ってくれます。
大変満足のできるお店です。
(行った時期:2016年3月12日)

琉装スタジオ ちゅら美人
住所/沖縄県那覇市牧志3-2-47平和通り商店街内
「琉装スタジオ ちゅら美人」の詳細はこちら

【1日目/南部】だいこんの花 小禄店

ディナーにオキナワンビュッフェはいかが??
沖縄の食材をふんだんに使った料理がた~くさんっ★お野菜が多いのでヘルシーだし、スイーツも充実してるから、女子会でも大人気なんです!
「食べてみたかったけどどうしよう…」と迷っていたあの料理も、ビュッフェならちょっとずつ色んな種類を楽しめて、きっとお腹も心も大満足なハズ★

だいこんの花 小禄店


出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_foomoojH000152457/photo/

健康的なブッフェレストラン

\口コミ ピックアップ/
新鮮で美味しい野菜がたっぷり食べられます。
もちろん、野菜だけでは無く沖縄名物のテビチやお寿司、シェフが鉄板で焼いてくれるお肉があり、沖縄料理をお腹一杯食べられる大満足のお店です。
(行った時期:2016年5月)

女性にオススメです。いろいろな野菜があって、味も濃くもなくて良かったです。
女性が好みの味だと思います。
値段もいい感じでした。
(行った時期:2016年10月4日)

だいこんの花 小禄店
住所/沖縄県那覇市高良3-11-1
「だいこんの花 小禄店」の詳細はこちら

【2日目は、中部へ移動します!続きはこちらから】

【2日目/中部】B-nature

思いっきりアクティブになるなら、やっぱり2日目でしょっ!
南部から少し足を伸ばして、中部の海でマリンアクティビティを楽しむのがオススメ♪

海遊びと言ったら地元では中部一択が常識。ここがオススメなのは、無料で写真をとってもらえちゃうことと、海外で人気があって最近日本でもウワサの「SUP体験」ができちゃうこと。初心者でも気軽に迎えてくれる雰囲気も◎

B-nature


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000182840/photo/

沖縄ビーチ前の最高のロケーション!!青の洞窟シュノーケル、カヤック、SUP体験を格安で提供してます。 珊瑚観察、熱帯魚餌付けもでき初心者の方、小さなお子様から安心してご参加頂けます。 美ら海でのシーカヤック体験も小さなお子様でも安心してご参加頂けます! その他にもここ数年、日本でも注目を集めている新感覚マリンスポーツ! SUP「スタンドアップパドルサーフィン」と呼ばれるマリンスポーツもお勧め。 店舗前は西向きなのでのビーチで行うカヤックやSUPはサンセットも最高に綺麗ですよ(^^) 全てのマリンスポーツで遊んで頂いた写真データを無料特典でお渡し!!

\口コミ ピックアップ/
予約日の天気が良くないという事で前もって日程変更して下さったおかげで念願の青の洞窟を見れることが出来ました。ガイドさんの海の生き物の説明や話が楽しくあっという間の時間でした!
写真も素敵なものばかりで思い出になりました、ありがとうございました。
(行った時期:2017年3月5日)

2015年、初めて利用してスタッフさんの明るい人柄が気に入り今年もお願いしました。
厚いダイビング歴・各種安全関連の資格をお持ち、安心してお願いできます。
ちょこっとわかりにくいロケーションですが目の前が地元の方が利用するくらいの天然ビーチ。
とっても満喫でき楽しかったです。
また、来年もお願いするつもりです。
(行った時期:2016年10月31日)

B-nature
住所/沖縄県中頭郡読谷村渡具知502-1
「B-nature」の詳細はこちら

【2日目/中部】美浜アメリカンビレッジ

アクティビティを楽しんだあとは、ショッピングとグルメがつまってるココで決まり♪
名前の通りまるでアメリカの一角のような場所で、CMやドラマなどTVの撮影にもよく使われるくらいロケーションが素敵**
個性的なお店ばかりであっちもこっちも見たくなっちゃうし、食事も迷い放題♪
島ガールならアメリカンビレッジに1つはお気に入りのショップがあるんですよ!

美浜アメリカンビレッジ


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_47326ca3280141321/photo/

アミューズメント施設やショップ、レストラン、映画館、ライブハウスなどが立ち並び、昼夜を問わず観光客や地元の人達で賑わう人気のエリア。ゆったりとした建物のレイアウト、町並みのデザインも西海岸の雰囲気が溢れている。また、平成22年7月からは国民年金休暇センター跡地に異国情緒溢れた各施設配置や景観が訪れた人々を魅了し楽しませてくれる大型商業施設「デポアイランド」が完成しました。そのほか、約1 500台の無料公共駐車場もあります。

\口コミ ピックアップ/
アメリカンな店舗が多いので見ていて楽しいです。若い人向けの店が多いですが、近くには海があるので買い物したり海でのんびりしたりできます
(行った時期:2017年1月)

アメリカンなお店があって、店内をプラプラ見て歩くだけでも楽しいです!外国の方も沢山いて、異国情緒が漂っています。
(行った時期:2016年12月)

美浜アメリカンビレッジ
住所/沖縄県中頭郡北谷町字美浜
「美浜アメリカンビレッジ」の詳細はこちら

【3日目/中部~北部】沖縄こどもの国

3日目は中部、北部の目玉スポットを時間の許す限り巡れば、旅の締めくくりはバッチリっ★
最後は「見て楽しむ」1日にしちゃうのはいかが??

動物が好きならココがおすすめ♪沖縄唯一の動物園で、象、ライオン、キリンなど王道の動物はもちろん、沖縄らしい動物の展示もあって新しい発見があるかも◎
ワンダーミュージアムは大人も驚くようなコンテンツもあってすごく楽しめちゃいます!

沖縄こどもの国


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_47211cc3310040465/photo/

沖縄こどもの国の動物園には、哺乳類、鳥類、魚類、爬虫類など約200種類の動物がいます。それら多彩な動物達を身近に見ることで、生命の尊さやすばらしさを実感できる動物園です。 ふれあい広場ではモルモットやヒヨコ等、実際に動物を触ることができます。 園内は南国らしく、年中季節の花や植物を見ることができます。このような豊かな自然環境の中では、野鳥や小動物(昆虫・両生類)が見られ、毎年多くの渡り鳥もやって来ます。

\口コミ ピックアップ/
様々な動物を観察したり、エサあげ体験なども出来て楽しいです!動物を見る以外に、体験型のワンダーミュージアムという遊び場や、ゴーカートやメリーゴーランドなどの遊ぶ場所があります。
(行った時期:2016年3月)

沖縄ならではのアグー豚、与那国馬などいて内地の動物園とは一味違います!
特に気に入ったのが、大東犬!短足がキュートです。
ひよこやモルモット、亀に触れるところは子供達に大人気です。
(行った時期:2016年5月)

沖縄こどもの国
住所/沖縄県沖縄市胡屋5-7-1
「沖縄こどもの国」の詳細はこちら

【3日目/中部~北部】Gala青い海

ちょっとここらでのんびりしたいなぁ、というアナタにはココがおすすめ★
オーシャンビューの最高のロケーションの中、なんと「塩づくり体験」ができちゃう!
おすすめな理由はそれだけじゃないんですっ**
そんな塩のテーマパークだからこその、塩ソフトクリームがすっごく美味しい!!トッピングにチョコソースやキャラメルソースもあって、嬉しい悩みが増えちゃいます♪

Gala青い海


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_47324cb3542037017/photo/

「Gala青い海」は、ホテル日航アリビラの南に位置し東シナ海に面する風光明媚なロケーション。施設内では、紺碧の海を望みながら塩の身近なことから、意外なことまで「塩」の全てがわかる資料館や「塩」造り体験、日本最大級の陸上のサンゴ礁「さんご畑」など、各文化の体験・体感ができます。

\口コミ ピックアップ/
七輪を使い塩作り体験をしました。
簡単で楽しめました。
塩ソフトクリームが絶品でした。
さんご畑があって、珊瑚礁を観察出来ます。
(行った時期:2016年9月)

gala青い海に行ってきました!
色々な体験ができました
馬に乗っての乗馬や琉球ガラス作り、シーサーもつくれました。
海辺も近いのですごく良い景色の中、いろんなものを
作ることができます。
店の人もみんな優しくて、作るときも丁寧に教えてくれます。
(行った時期:2017年2月4日)

Gala青い海
住所/沖縄県中頭郡読谷村字高志保915
「Gala青い海」の詳細はこちら

【3日目/中部~北部】備瀬のフク木並木

そろそろ海も見慣れてきたころ??
それならここで緑に囲まれてお散歩かサイクリングがおすすめ!

台風の多い沖縄で風を少しでも軽減するために植えられたという「フク木」。その中でも備瀬のフク木並木は特に綺麗で素敵な景観が癒してくれます★
沖縄といえば「海」!だけじゃなく、ここをおさえていると地元民にも「沖縄通」だと思ってもらえるカモ?!

備瀬のフク木並木


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000162844/photo/

本部半島の先端に位置する備瀬のフク木並木。台風が多い沖縄。海岸に近いこの集落では、フク木は頼りになる防風林として人々を台風から守り続けてきた。約250戸ある家々のほとんどに繁茂した濃緑の葉を見ることができ、その数は数千本に及ぶとみられる。素晴らしい景観を与えてくれた台風に感謝感謝?

美しいフク木並木は人の心を和ませる

\口コミ ピックアップ/
沖縄へ行ったらサイクリングをしたいという思いがあり、レンタルサイクルがあるフク木並木へ行きました。
偶然お店のスタッフさんに「備瀬のワルミ」へ行ってみたらどう?と教えていただき、冒険をしているような感覚で楽しかったです!
備瀬のワルミを知らなかったのでホテルへ帰ってから調べてみると「行こうと思って探しても入口が見つからない」や「神に選ばれし者だけが辿り着ける」等と書いてあり、行けてラッキーだったのかなと嬉しく思いました!
足場が悪く、サンダルで行ってしまったので大変でしたので靴をお勧めします。
( 行った時期:2016年4月)

レンタサイクルを使いました。緑が美しく、行った先には海が見え、青色の熱帯魚がたくさん泳いでいました。帰りは海沿いを通って帰りました。
(行った時期:2016年12月)

備瀬のフク木並木
住所/沖縄県国頭郡本部町備瀬
「備瀬のフク木並木」の詳細はこちら

【3日目/中部~北部】森のガラス館

お土産何にしよう??
特に仲のイイ友達には、ちょっと特別なものをあげてみるなんてどうでしょうっ?★

ここでは琉球ガラスの手作り体験ができたり、トロピカルカラーが鮮やかな琉球ガラスでできたアクセサリーやグッズがたくさん並んでいて、見るだけでわくわくしちゃいます♪
もちろん自分用に作ったり、買うのもイイ思い出に**
実はガラスの破片も購入できるので、部屋のインテリアにDIYするのも◎

森のガラス館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_47209cc3340154612/photo/

沖縄北部やんばる観光に便利な名護市にあり ショッピングや体験教室、工房見学など様々な内容で 大人の方からお子様まで楽しめる施設となっております。

\口コミ ピックアップ/
予約してから琉球ガラスでコップ作成をしました。スムーズに対応して頂いて、職人の方がお手伝いして下さるので安心してできました。作成中の写真を撮って下さるので思い出にも残ります。店内には琉球ガラスの商品が沢山あり楽しみながら購入することができました。お菓子などのお土産品もありました。
(行った時期:2016年8月)

琉球ガラスが好きで
沖縄に行ったら毎回買って帰ります!
色とりどりの涼しげなグラスやお皿がたくさんあり迷ってしまいます!
(行った時期:2016年5月)

森のガラス館
住所/沖縄県名護市為又478
「森のガラス館」の詳細はこちら

【3日目/北部】沖縄美ら海水族館

最後はやっぱり王道の中の王道にすれば間違いなしっ★
大迫力の巨大水槽に、カラフルな南国の魚たち、そして素敵なライティングがされているから、フォトジェニックで何を撮ってもどこで撮ってもお気に入りの一枚になるカモ!

最後にするのがおすすめな理由がもう一つ*
16時以降に入館すると「4時からチケット」で割引になっちゃうんです♪お得な気分で沖縄を締めくくればきっと満足いくハズ♪

沖縄美ら海水族館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_47308cc3320040596/photo/

水族館では神秘に満ちた沖縄の雄大な世界が広がります。水族館館外にあるオキちゃん劇場、イルカラグーン、ウミガメ館、マナティー館も人気。

\口コミ ピックアップ/
海に隣接しており、1日でまわれないぐらい広い水族館です!イルカのショーを始め、展示や沖縄ならではの魚も楽しめます。卒業旅行で行きましたが、今でも忘れられないぐらい素敵な水族館です。
(行った時期:2015年1月22日)

沖縄旅行で訪れました。
大きな水槽を優雅に泳ぐジンベエザメの姿が見られ迫力満点で感動しました。
ジンベエザメの餌やりが見られる時間もあるので要チエックです。
公園内では綺麗な海と伊江島が一望でき景色も楽しめます。
(行った時期:2017年2月)

沖縄美ら海水族館
住所/沖縄県国頭郡本部町石川424
「沖縄美ら海水族館」の詳細はこちら

※この記事は2017年3月時点での情報です

(更新日:2017年4月21日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(おでかけ)

dマーケットの「話題のドラマ・映画特集」

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME