食べた分はしっかり消費?自転車で回るご当地グルメ満喫ポタリング【大阪】
食べた分はしっかり消費?自転車で回るご当地グルメ満喫ポタリング【大阪】
「くいだおれの街」と言われる大阪。
どうせ観光するなら、名物と言われるものを食べ尽したい!
たこ焼き、串かつ、豚まん…と、大阪に行ったら必食と言われるグルメは、
スタイルが気になる女性には、少々カロリーが気になるものばかりです。

「くいだおれの街」と言われる大阪。
どうせ観光するなら、名物と言われるものを食べ尽したい!

たこ焼き、串かつ、豚まん…と、大阪に行ったら必食と言われるグルメは、
スタイルが気になる女性には、少々カロリーが気になるものばかりです。

そこで思いついたのが、「カロリーを消費しながら食べればプラマイゼロ」プラン。
大阪市内は坂道が少なく、南北をメインロードの御堂筋が結んでいるから、
自転車があれば観光しやすいんですよ。

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

今日1日の相棒となる自転車を借りて…と。

今回の大阪観光プランは、効率よくご当地グルメを制覇しながら
カロリーを消費するという一石二鳥のポタリング。
ポタリングとは、自転車でぶらぶらと気ままに街を散歩したりすることです。

新大阪駅構内にはレンタルサイクルがあるので、距離重視のポタリングを楽しみたいなら、新大阪をスタート地点にするのも良いでしょう。
風を受けながら走る淀川縦断は、これからの季節、本当に心地よいですよ!

ただし、ここで注意したいのが、これから回るエリアの駐輪場のこと。
大阪の中心地「梅田」は、自転車を停める場所を探すのが大変です。

そこで、新幹線の到着駅「新大阪」からJR大阪駅までは在来線で移動して、
ショッピングなども楽しんだ後、梅田でレンタサイクルを借りるという方法もひとつ。

地元では“うめだ”や“キタ”と呼ばれる大阪の中心地は、JR大阪駅・阪急梅田駅を中心としたエリア一帯のことを言います。
道路が複雑に入り組み、ビジネスマンや学生、観光客がひしめくエリアなので、慣れない人が自転車で通り抜けるのはちょっと大変。

新大阪―大阪間は、JR在来線で1区4分ほどなので、駐輪場探しで体力と時間をムダに使ってしまうくらいなら、こちらの方法をおすすめします!

大阪の中心地で「粉もん」とおみやげ選び。

梅田は、オフィスビルと百貨店などの大型商業施設が密集する大阪の中心地。
「粉もん」と言われるお店も多いので、ここでは、大阪の粉もんグルメ発祥ともいわれるお好み焼きの「ゆかり」をチョイス。

昭和25年に創業したゆかりは、大阪の粉もん文化の中心的存在。
大阪ならではのお好み焼きはもちろん、広島焼きや焼きそばのメニューも豊富です。

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000162898/photo/
ゆかり曽根崎本店
住所/大阪府大阪市北区曽根崎2-14-13
「ゆかり曽根崎本店」の詳細はこちら

せっかく梅田に来たら、大阪でしか手に入らないお土産が購入したいですよね。
阪急梅田界隈では、有名菓子メーカーの大阪限定プレミアムスナックを販売するお店がありますが、整理券が必要だったり、行列に並んでも品切れで買えなかったりなんてことも。

お土産の購入を考えているなら、時間的な余裕をもってプランに組み込んでくださいね!

風景をたのしみながら、次なる目標の「ミナミ」へ

梅田から御堂筋沿いに南へ自転車を走らせると、多くのビジネスマンが行き交う「淀屋橋」を通ります。

淀屋橋の東側には、堂島川沿いに1.5kmに渡る「中の島公園」という水辺公園があり、
中央公会堂や府立図書館などのレトロな建物を背景に、310種3700株もの見事なバラが咲き誇ります。
自転車を停めて風景を楽しんだり、思い出スナップを撮ったりするのに最適です。

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27127ac2100137102/photo/
中之島公園
住所/大阪府大阪市北区中之島1
「中之島公園」の詳細はこちら

めっちゃ大阪やん!「ミナミ」に到着

観光ガイドの中で、大阪らしい風景として紹介されている画像の多くは「ミナミ」と呼ばれるエリアです。
梅田から4キロほどの距離にある心斎橋は、海外からの観光客も多いショッピングスポット。

御堂筋の東側にはアパレルショップが並ぶ心斎橋筋、西側のアメリカ村には古着屋さんやセレクトショップが並びます。
このアメリカ村にある「甲賀流たこ焼き」は、芸能人も差し入れ用に買いに来るという人気店です。

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000162925/photo/ 出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000162925/photo/

お店の向かい側にある三角公園の階段に腰掛けて、アツアツのたこ焼きを頬張るのが大阪流の楽しみ方。
食べた後のゴミは、きちんと所定の場所に捨てるのも、当たり前のマナーですよ!

甲賀流たこ焼き
住所/大阪府大阪市中央区西心斎橋2-18-4
「甲賀流たこ焼き」の詳細はこちら

大阪の思い出スナップで欠かせないのが、ド派手な看板が川沿いに並ぶ道頓堀。
見ているだけで楽しいお店がたくさん並ぶエリアなので、アメリカ村から自転車を押しながら歩いても、あっという間に到着です。

思い出スナップのベストスポットは、道頓堀川にかかる戎橋。
さほど広くはない橋の上に、日本全国はたまた海外からの観光客がひしめき、
撮影のタイミングを見計らっているので、要領よく行動するのがポイント!

道頓堀の看板は、ライトアップされる夜の方が派手で大阪らしさがアップするので、帰り道のお楽しみに取っておくのもいいかも。

そろそろ甘いものが恋しい?それなら、なんばの名物店へ。

御堂筋の最南端は、南海電車のなんば駅。
その脇の商店街で行列ができているのが「りくろーおじさんの店 ナンバ本店」です。

甘い香りに誘われるままに並んで、焼きたてホカホカのチーズケーキをゲット。
ホール状のチーズケーキはフワッフワで、一人で全部食べてしまう人もいるほど軽い食べ応え!
お土産用にいくつもまとめて購入する人も多いんですって。

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB000062512/photo/
りくろーおじさんの店 ナンバ本店
住所/ 大阪府大阪市中央区難波3-2-15
「りくろーおじさんの店 ナンバ本店」の詳細はこちら

オシャレとレトロが共存する街「あべの・天王寺」を散策

チーズケーキで糖分を補給できたら、なんば駅から更に南へ。
最後の目標地点「通天閣」に向けて出発しましょう。
日本一高い商業ビル「あべのハルカス」が見えれば、ゴールは目前。

自転車を漕ぐ足にも力がみなぎります!

数々のショッピングモールと、通天閣を中心に広がる「新世界」からなる大阪の新名所「阿倍野・天王寺」エリアは、
近年、海外からの旅行客も急増する魅力あふれる観光スポット。

他の地域にはないレトロな雰囲気の商店街や大衆演劇場、近隣には動物園もあるので、自由な散策を楽しみたいエリアです。
まだ体力がありあまってる!という強者は、通天閣を登ってみるのも良いですね。

通天閣の展望台にある木像のビリケンさんは、足の裏を撫でるとご利益があると言われる福の神。
庶民に愛されるビリケンさんは、たくさんの人にコチョコチョされて、足の裏がぺっこり凹んでいるんです。

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27111ad3352015941/photo/
通天閣
住所/大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6
「通天閣」の詳細はこちら

「二度つけ禁止って何?」串かつ屋の謎を解明

“ソースの二度漬け禁止”で有名な串カツ屋さんが並ぶ新世界。
一言で「串かつ」と言っても、それぞれのお店の味には個性があり、ソースの味も違います。
ひとつのお店で腰を据えて味わうのもいいし、色んなお店を回って味の違いを楽しむのも楽しい!

新世界の串カツ屋さんには、テーブルに大きめに切ったキャベツが置いてあります。
このキャベツをスプーンの代わりに使って、取り皿にソースを入れておくのが、二度漬けしないで美味しく味わうコツ。


出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_foomoojH000155767/photo/

今や大阪のご当地グルメとなった串かつは、新世界でだるま1号店が開店した1929年から始まりました。
さっくりした軽い衣と具材の種類の多さが魅力のだるまは、油っこさが苦手な人にも美味しいと言わせる実力はさすが。

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_foomoojH000155767/photo/
だるま 通天閣店
住所/大阪府大阪市浪速区恵美須東1‐6‐8
「だるま 通天閣店」の詳細はこちら

レトロな商店街「ジャンジャン横丁」の中にある八重勝は、ガイドブックや口コミサイトの人気ランキングでも常にTOPを争う、地元の人からも観光客からも愛される老舗。

数時間待ちの行列は当たり前、それでも食べたい!という根強いファンを持つ名店です。
串かつが揚がるのを待つ間に、トロトロのもつ煮込みで乾杯!と言いたいところだけど、自転車だからジュースでね!

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB000057943/photo/ 出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB000057943/photo/
八重勝
住所/大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-13
「八重勝」の詳細はこちら

疲れた身体に染み込むほっこり癒し系の甘味で〆

いっぱい食べて、いっぱい歩いて、しかも自転車をコギコギ。
1日頑張ってくれた身体へのご褒美は、ほっこり優しい和の甘味。
とはいえ、〆のスイーツだって、大阪グルメ食べまくりの精神は忘れません!

みたらし団子のあま~いタレと温かいお茶が、疲れた身体に染みこみます。
汗ばむ日なら、宇治抹茶のかき氷やソフトクリームも最高。
至福の和風スイーツに、思わずこのまま眠りたくなる開放感♪

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_foomoojH000204197/photo/
甘党まえだ あべのキューズモール店
住所/大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール 3F
「甘党まえだ あべのキューズモール店」の詳細はこちら

大阪名物を食べ続けた胃袋も、自転車を漕ぎ続けた足も、そろそろ限界。
しかし、そこには最後の試練が…。

「自転車を返しに行かなければ・・・」

そうです。
レンタサイクルでの旅には、“借りたところに返す”というルールがあることを忘れてはいけません。
気合を入れ直して、夜の大阪も楽しみましょう!

新大阪に到着したら、お土産で大人気の豚まんを買うべし

大いにポタリングを楽しんだら、なんだか小腹が空いたかも…。
ということで、大阪グルメの締めくくりは「551蓬莱」。
大阪では知らない人はいないほど有名ですが、関西以外では販売されないため、
今やお土産として求める人で大行列です。

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000171283/photo/

ここで、最後のアドバイスをしておきましょう。
蒸したてアツアツの豚まんや焼売は、思わず唸るほどの美味しさですが、
ニオイがかなり強烈。新幹線の中で食べようもんなら、周りの乗客からの視線が突き刺さること間違いなしです。
お土産用でもニオイがするので、密封できる保冷バッグを用意しておくことをおすすめします。

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000171283/photo/
551蓬莱 新大阪店
住所/大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1 新大阪駅3階
「551蓬莱 新大阪店」の詳細はこちら
551蓬莱 JR大阪駅店
住所/大阪府大阪市北区梅田3-1-1 JR大阪駅前広場「フロートコート」2階
「551蓬莱 JR大阪駅店」の詳細はこちら

※この記事は2017年3月時点での情報です

(更新日:2017年4月21日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(グルメ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME