ミドルとシニアの境界線は? 最もショックな老化症状は〇〇〇!
ミドルとシニアの境界線は? 最もショックな老化症状は〇〇〇!
いつまでも若いと思っていても、ある日、突然、年を感じてしまう日はやってくる。ミドル世代とシニア世代の境界線とは? 大王製紙が、50~60代の男女300人を対象に「ミドル世代」から「シニア世代」への意…

 いつまでも若いと思っていても、ある日、突然、年を感じてしまう日はやってくる。ミドル世代とシニア世代の境界線とは? 大王製紙が、50~60代の男女300人を対象に「ミドル世代」から「シニア世代」への意識変化を調査したところ、体の変化で最もショックを受ける症状は…。

 最初に、「気持ち」、「体の状態」それぞれに当てはまると思う年代を聞いたところ、まだまだ働く人も多い50代では7割近くが気持ちも体も「ミドル」と回答(気持ち:65%、体:68%)。60代では、気持ちの「ミドル」が約半数(47%)と、まだまだ気持ちの上では若い60代が多い。「健康のために、毎日ジョギングしている。長距離を走れるのでミドルだと思う」など、健康が心の若さに結びついている様子だ。

 もっとも、「気持ち」の上では若くても、「体の状態」については年を感じる傾向があるようだ。50代・60代の「気持ち」と「体」の自己評価をみると、50代の平均は「気持ちが42.4歳、体が49.8歳」、60代の平均は「気持ちが51.3歳、体が57.4歳」となった。どちらも体は「気持ち」よりも「6歳以上」も老けている!

 さて、「ミドル」から「シニア」への変化はどのように訪れるかといえば、「体の不調が原因でガクッと気持ちが老けることがあると思う」という人が85%に達するなど、老いを感じるのは、いわゆる身体の“老化現象”。体の不調によるショックが気持ちも萎えさせてしまうようだ。

(更新日:2017年4月20日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(ヘルスケア)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME