「トランスフォーマー/最後の騎士王」新予告を公開 オプティマスが洗脳される衝撃シーンも
「トランスフォーマー/最後の騎士王」新予告を公開 オプティマスが洗脳される衝撃シーンも
「トランスフォーマー」シリーズ最終章の第1弾『トランスフォーマー/最後の騎士王』は8月4日全国公開される。このたび、新予告映像の配信がスタートした。マイケル・ベイ監督のコメントも発表され、来日を匂わせる発言が飛び出した。

「トランスフォーマー/最後の騎士王」新予告を公開 オプティマスが洗脳される衝撃シーンも

「トランスフォーマー」シリーズ最終章の第1弾『トランスフォーマー/最後の騎士王』は8月4日全国公開される。このたび、新予告映像の配信がスタートした。マイケル・ベイ監督のコメントも発表され、来日を匂わせる発言が飛び出した。

今回の映像では、オプティマス・プライムが“創造主”と呼ばれる存在に拘束される衝撃シーンが映し出されている。「お前は故郷を破壊した。償いを求めるか?」と迫られたオプティマスは瞳の色が変化し、「はい、創造主様」と服従の言葉を口にする。トランスフォーマーが人類を滅ぼすように洗脳されるショッキングな一幕である。
冒頭には謎の英国老人を演じるアンソニー・ホプキンスが登場。トランスフォーマーと人間との繋がりは、1000年以上前にはじまり、独立戦争、ナポレオン戦争、第一次世界大戦など歴史のターニングポイントに関わっていたことが明かされる。さらに神話のアーサー王と円卓の騎士伝説が歴史上に実在した出来事として描かれており、現代でも語り継がれる「何か」が、人類を救うことのできる唯一の可能性であることが分かった。

マイケル・ベイ監督は本作について「今までのシリーズとは全く違う新しい作品さ。スティーブン・スピルバーグは今回の脚本を“シリーズ最高”と言ってくれたんだ」と作品に自信を見せた。そして日本で公開を待ち望むファンに向けて、「日本のファンは常に僕の作品を支えてくれた。日本で会おう!」とメッセージを寄せた。
さらにアンソニー・ホプキンスは監督について「マイケル・ベイと仕事をする機会を逃したくないと思っただけさ。私にとって未知の領域だったが、マイケルは一緒に仕事をするのに素晴らしい人物だ」と絶賛。マイケル・ベイの存在が出演の決め手になったと語っている。


『トランスフォーマー/最後の騎士王』
2017年8月4日(金)全国ロードショー

(c)2016 Industrial Light & Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved
(更新日:2017年4月18日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME