top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「もっと若かったら、寿桂尼が主人公のドラマをやりたかった」浅丘ルリ子(寿桂尼)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

もっとエンタメ

 義元(春風亭昇太)の死後、今川家の実権を握り、井伊家を支配する寿桂尼。“おんな戦国大名”の異名を取り、直虎(柴咲コウ)の手本ともなる人物を演じて圧倒的な存在感を見せているのが浅丘ルリ子だ。日本映画黄金時代から60年以上にわたって活躍する大女優が、40年ぶりに出演した大河ドラマの現場で感じたことを、ちゃめっ気たっぷりに生き生きと語ってくれた。

 


-「花神」(77)以来、40年ぶりの大河ドラマ出演とのことですが、ご感想は?

 プロデューサーが、私の出演した舞台「桜の園」をご覧になって、「寿桂尼は、絶対に浅丘さんしかいませんから、出ていただけませんか」とおっしゃってくださいました。「1年は難しいですけど、どのぐらい出るんですか」と伺ったら、「半分で終わります」というお話だったのに、半分以上出ています(笑)。でも、お引き受けした以上は、きちんと楽しくやっております。

-寿桂尼という人物をどのように捉えていますか。

 大変な政治家ですね。今川家を守るためにいろいろな策を練って、一切容赦しない。とても芯が強くて頭のいい方で、「仮名目録」という、領国を治めるための法律の制定に関わったとも言われている人物です。それぐらいすごい方ですけど、ドラマでは心臓を病んでしまいます。それでも孫の氏真には任せず、一生懸命、いろいろな相手との交渉に乗り出していきます。それほど、今川を再建したいという思いが強かったんですね。武田信玄と面会する場面は、完全にキツネとタヌキの化かし合いです。

-寿桂尼が気に入ってらっしゃるようですね。

 作家の永井路子さんが寿桂尼を主人公に書かれた小説もあるのですが、それもすごく面白いですよ。私がもっと若かったら、寿桂尼が主人公のドラマをやりたかった。今ではすっかり今川に肩入れしてしまって、「義元が死ぬ場面がないじゃない。寿桂尼さんはどうしたのよ」なんて、プロデューサーに言ったこともあります。

-寿桂尼は、直虎をどのように見ているのでしょうか。



TOPICS

ランキング

ジャンル