横浜観光バス「あかいくつ(バス)」 のルートを「あかいレンタサイクル」でめぐったら、超快適でした!
横浜観光バス「あかいくつ(バス)」 のルートを「あかいレンタサイクル」でめぐったら、超快適でした!
みなさんは「あかいくつ」をご存じでしょうか? こういうやつです。
横浜の桜木町駅を起点に中華街、元町、みなとみらいなどをめぐる周遊バスで、主要な観光スポットもほぼ網羅。横浜を満喫するには、たいへんに便利な乗り物です。

みなさんは「あかいくつ」をご存じでしょうか? こういうやつです。

横浜の桜木町駅を起点に中華街、元町、みなとみらいなどをめぐる周遊バスで、主要な観光スポットもほぼ網羅。横浜を満喫するには、たいへんに便利な乗り物です。

便利なだけじゃなくそのレトロかわいい外観デザインは、横浜のオシャレな街並みにとてもよく生えます。

外国人にも大人気!

しかも、乗車は1回220円。1枚500円の「みなとぶらりチケット」を購入すれば1日乗り放題という、それはそれはコスパの良い観光バスであります。

しかし、人気があり過ぎるがゆえ、週末はとんでもなく混雑するという若干のストレスも。みんながこぞって利用する「あかいくつ」ですが、果たして横浜観光には本当に「あかいくつ」一択なのか? それでいいのか?

そこで、今回は「あかいくつ」に代わる移動手段のひとつとして、「レンタサイクル」の有用性を検証してみたいと思います。「あかいくつ」が通過するルートを自転車で巡ったら、意外とバスより快適で楽しいかもしれません。

というわけで、桜木町駅前でさっそくレンタサイクルをゲット。横浜コミュニティサイクル「baybike」は1日1500円で6時~22時まで乗り放題。14時~22時までの「午後パス」なら800円と「あかいくつ」に迫るお得っぷりです。

しかも、“赤い車体”というのがいいですよね。「あかいくつには負けんぞ」「むしろ、真のあかいくつはワイや!」という気概が感じられます。

というわけで、しゅっぱ~つ。

ちなみに「あかいくつ」にはみなとみらいエリアをめぐる「M」ルートと、中華街・元町方面をめぐる「C」ルートがありますが、今回はMルートを巡ってみることにします。

【あかいくつ・みなとみらいルート】
桜木町駅前 → みなとみらい大通 → 四丁目駐車場 → アンパンマンミュージアム入口 → 新高島駅前 → とちのき通り → みなとみらい駅前 → クイーンズスクエア → 展示ホール → パシフィコ横浜 → カップヌードルミュージアム前 → 赤レンガ倉庫・M&W → 万国橋・ワールドポーターズ前 → 横浜第二合同庁舎 → 馬車道駅前 → 桜木町駅前

桜木町駅からみなとみらいまでは700~800メートルといったところ。およそ5分も走れば最初の停留所「みなとみらい大通」に到着します。ところどころ自転車専用レーンもあって走りやすいし、何より“ハマの風”を感じながら景色を楽しめるのがいいんですよね。

さて、ただ自転車にのっているだけというのもなんなので、各停留所で立ち寄るべきスポットも紹介しておきましょう。「みなとみらい大通」停留所近辺で立ち寄るべきはコチラ、「三菱みなとみらい技術館」。宇宙や海洋など、最新テクノロジーの粋を体感できる技術館で、実物の国産ジェット機も展示。操縦体験もできてしまいます。

三菱みなとみらい技術館
TEL/045-200-7351
住所/神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル1・2階
営業時間/10:00~17:00 入館は16:30まで
定休日/火 火曜が祝日の場合は火曜日・年末年始
料金/大人:500円、高校生:300円、中学生:300円、小学生:200円、その他:65歳以上は無料
アクセス/桜木町駅、みなとみらい駅から徒歩で(けやき通り口)

ちなみに、「baybike」はベイエリア全域に47カ所の専用サイクルポートが設けられていて、このうちのどこかあれば借りた場所に関わらず乗り捨て(返却)可能。主要な観光スポットやランドマークの多くにサイクルポートがあるので、疲れたらいつでもリタイヤできます。

それにしても天気がいいな~。

そのまま道なりに進むと、3~5分間隔で「アンパンマンミュージアム入口」停留所、「新高島駅前」停留所、「とちのき通り」停留所と続きます。それぞれ「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」「原鉄道模型博物館」「ブリリア ショートショート シアター」などのスポットがありますので、鉄道好き、映画好き、アンパンマン好きの方はぜひどうぞ。

ちなみに、筆者はカップヌードル好きなので、「カップヌードルミュージアム」へ。チキンラーメン、オリジナルカップヌードル作りも体験できる人気スポット。11番目の停留所「カップヌードルミュージアム前」すぐそばです。

カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
TEL/045-345-0918
住所/神奈川県横浜市中区新港2-3-4

ちょっと休憩して、次は「隣港パーク」へ

さて、こぎっぱなしで若干疲れてきたので、そろそろ休憩。「パシフィコ横浜」停留所最寄りの「隣港パーク」へやってきました。

「青い海」に「赤い自転車」が映えるな~。

アンカーのオブジェもかっこいい!

眼前に海を臨む喫茶店。カレーライスとアイスコーヒーが最高です。

そして、海を臨む昼寝。こんなに贅沢で癒されるひとときが、他にあるでしょうか。ああ、自由だ……。

すっかり気力と体力をチャージしたところで、次の停留所へ。「赤レンガ倉庫・M&W」です。
そう、みなとみらい屈指の観光スポット「赤レンガ倉庫」と最新のショッピングエリア「マリン&ウォーク」がある一帯ですね。

横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]
TEL/045-227-2002
住所/神奈川県横浜市中区新港1丁目
アクセス/みなとみらい駅から徒歩で

なお、その次の停留所「万国橋・ワールドポーターズ前」には、これまたエリア最大級の商業施設「横浜ワールドポーターズ」があるので、ここいらでお食事を摂られるのがよろしいかと思います。

横浜ワールドポーターズ
住所/神奈川県横浜市中区新港2-2-1
営業時間/ショップ10時30分~21時、レストラン11~23時、店舗により異なる
定休日/不定
アクセス/桜木町駅より汽車道経由徒歩約10分、大観覧車横
駐車場/あり(有料)30分250円 1000台

さて、自転車は22時まで借りられるわけですが、そろそろ日も暮れてきたので終了としましょう。ワールドポーターズから3分ほどのみなとみらい駅へと向かいます。

クイーンズスクエア前のサイクルポートで「baybike」を返却。ありがとうbaybike!

というわけで、「あかいくつ」が通るルートを「あかいレンタサイクル」でなぞった今回の旅。思いのほかストレスなくスイスイ巡れました。なにより快適だったのは、自転車ならではの小回りのよさ。道中で気になった場所や小路へと直感的に入っていき、気の赴くまま寄り道できるのが楽しかったです。バスだとなかなかこうはいきませんからね。

最後に、そんな寄り道シーンをハイライトでご覧いただきましょう。

まずは、桜木町駅前にあった「創業当時の横浜駅」の碑。なんでも、日本初の鉄道が開通した初代横浜駅って、現在の桜木町駅の場所にあったんですってよ、ヘー!

この見慣れないけどなんだかかっこいいオブジェは……

なんと、あの「エアー・コンプレッサー」でした。

あかいスポーツカー!

あかい郵便カー!!

そして、あおい海……

野菜をギューっとした、でかいなにか。

その傍らにたたずむ、わらし。

いやあ、楽しかったなあ。今度はぜひ、「Mルート(元町・中華街ルート)」もまわってみたいと思います。

※この記事は2017年3月時点での情報です
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

(更新日:2017年4月18日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME