top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

またしても日本ハムが“奇襲”をかけて大谷翔平を1位指名/平成ドラフト予想史【平成24年】

週刊ベースボールONLINE

予想の後に大谷がメジャー挑戦を表明



メジャー挑戦を表明していた大谷を日本ハムは果敢に指名した

 昭和の昔は、どこか“人情派”の横顔もあったドラフトの事前予想だったが、平成に入り、長かった“沈黙の時代”を経て、一部の選手に指名が集中する傾向もあり、ドラフトのエンターテイメント化が加速。平成24年、2012年のドラフトでは、有力選手の存在もあって、予想も白熱した。

 週刊ベースボールでも、これまでにない規模で予想を展開。ただ、かつての「若者の夢に寄り添う」というよりは、データを駆使してクールに分析、各球団の抽選での勝率まで弾き出した上で、各球団のドラフト1位を当てにいっている。

 高校生の注目選手で筆頭格は2人で、花巻東高の大谷翔平と大阪桐蔭高の藤浪晋太郎。大学生では亜大の東浜巨に加え、前年のドラフトで日本ハムの入団を拒否して“浪人”した菅野智之が悲願に懸けていた。週刊ベースボールでは“番付”を作成。東の横綱として大谷と東浜、西の横綱として菅野と藤浪を挙げていた。

 そして、12球団の指名も、この4人に集中し、菅野こそ巨人の1球団のみだったが、メジャーへのあこがれを隠さない大谷には楽天、ソフトバンク、日本ハムの3球団が、藤浪にはオリックス、阪神、ヤクルトの3球団が、東浜にはDeNA、ロッテ、広島、中日、西武の5球団が競合すると予想していた。

 その後、ドラフトの4日前になって、大谷がメジャー挑戦を表明。多くの球団が大谷の指名を回避すると思われたが、2年連続で日本ハムが“奇襲”を仕掛けてくる。

【2012年・12球団ドラフト1位】
DeNA     東浜巨→白崎浩之
オリックス  藤浪晋太郎→松永昂大→松葉貴大
阪神     藤浪晋太郎
ロッテ    藤浪晋太郎→松永昂大
広島     森雄大→増田達至→高橋大樹
楽天     森雄大
ヤクルト   藤浪晋太郎→石山泰稚
ソフトバンク 東浜巨
中日     福谷浩司
西武     東浜巨→増田達至
巨人     菅野智之
日本ハム   大谷翔平
(→は外れ1位)

抽選の勝率は参考にできるデータ?


 まず、東浜と予想していた広島が福岡東高の森雄大を指名すると、続けて地元の大谷を指名すると予想していた楽天も森を指名。同様に大谷を指名するとしていたソフトバンクが、地元の九州、沖縄を重視している東浜を指名する。東浜と予想していた中日は慶大の福谷浩司を“一本釣り”。大谷は日本ハムが単独指名に成功した形となった。

 藤浪は阪神が、森は楽天が、東浜はソフトバンクが、それぞれ交渉権を獲得。外れ1位でもオリックスとロッテが大阪ガスの松永昂大、広島と西武がNTT西日本の増田達至と、ともに社会人の投手に競合する。

 勝率.000と、抽選では絶対的な弱さを発揮してきた(?)オリックスと、12球団トップの勝率.667を誇るロッテとの抽選は、データどおりオリックスが敗れ、オリックスは連敗を7から9に。勝率.250で9位の広島と、勝率.500で2位タイの西武は、やはりデータどおり西武に軍配が上がった。

 ちなみに、最初の抽選で交渉権を獲得したソフトバンクは勝率.500とし、勝率.375だった楽天は勝率.444、勝率.143で10位タイに沈んでいた阪神は勝率.250となり、抽選を外したDeNAは勝率.125で単独ブービーに。ペナントレースで最下位に沈んだ両チームは、運も敵だった。

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル