top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「直虎がお金の工面をする話ばかりしているところが、身近な感じがして面白いです」光浦靖子(あやめ)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

もっとエンタメ

 家を継ぐべき男たちが次々と亡くなり、当主の座に就いた直虎(柴咲コウ)。一方、夫の直親(三浦春馬)を失ったしの(貫地谷しほり)と息子の虎松(寺田心)は、新野家に引き取られることになる。その新野家を取り仕切るのが、亡き新野左馬助(苅谷俊介)の娘あやめ。三姉妹の長女として家を守りながら、直虎としのの間に立って井伊家の後継者・虎松の面倒を見る重要な役割を担う。演じる光浦靖子に、大河ドラマ初出演に対する思い、演じてみた感想を聞いた。

 


-大河ドラマ初出演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか。

 実家の両親が喜ぶと思いました。大河ドラマを楽しみに見ていましたから。だけど、私は親にテレビ出演の話をしたことがないので、出演が決まったことをずっと黙っていたんです。いつか気付くだろうと思って。そうしたら、先に出演した番宣用のPR動画を見た近所の人から聞いたらしく、「出るの?」と連絡がありました。でも、いつからかは知らせず、「出るよ」としか言わなかったので、案の定、序盤を見た両親から「出てないじゃない」と言われました(笑)。

-初めて出演された大河ドラマの印象は?

 専用のかつらと着物を作っていただいて、すごいと思いました。着物はもともと、役名に合わせてあやめ色にするつもりだったのですが、妹の桔梗(吉倉あおい)と紫色がかぶってしまうので、オレンジ色になりました。セットもすてきです。家がまるごと一軒建っていますから。庭にはニワトリが放し飼いになっていて、屋根に乗ったり、けんかしていたり…。新野家は女ばかりなので、お花がいっぱいで夢のような屋敷です(笑)。

-あやめという人物をどのように捉えていますか。

 父親の左馬助が亡くなって、家を守って行かなければいけない、2人の妹をいいところに嫁がせなければいけないという責任を感じています。でも、妹たちにはお嫁に行ってほしいと思いつつも、実際にお嫁に行ったら寂しいし…という父親のような感情も抱いています。



TOPICS

ランキング

ジャンル