【インタビュー】窪田正孝「今までやってきた役は極力捨てる」 「ヒトヤノトゲ~獄の棘~」で初の刑務官役
【インタビュー】窪田正孝「今までやってきた役は極力捨てる」 「ヒトヤノトゲ~獄の棘~」で初の刑務官役
3月19日からWOWOWで放送される連続ドラマW「ヒトヤノトゲ~獄の棘~」。主人公は刑務官であった亡き父親と同じ職業に就いた新人刑務官・武島良太(窪田正孝)。良太が赴任した刑務所では平然とギャンブ…

 3月19日からWOWOWで放送されている連続ドラマW「ヒトヤノトゲ~獄の棘~」。主人公は刑務官であった亡き父親と同じ職業に就いた新人刑務官・武島良太(窪田正孝)。良太が赴任した刑務所では平然とギャンブルをする看守部長の秋村繫晴(萩原聖人)や受刑者のいざこざも見て見ぬフリをする上司など、善というのには程遠い刑務官たちの姿が。そんなある日、法務省からきたキャリア刑務官で看守長の名久井惣一(小澤征悦)が新たに着任。

 良太は名久井から刑務所内の秩序を乱している刑務官を調査して報告するように命ぜられる。所内で板挟みにあって悩む良太に、刑務所の受刑者で最大の力を持つ神宮組組長の神宮是清(泉谷しげる)から、父親の死が事故ではなかったかのようなことを聞かされ動揺する。良太が知る刑務所の本当の実態とは? そして死んだ父親の本当の死因とは?その先にある予想外の巨悪の存在と、過去に塗りつぶされた拘置所内での許されざる犯罪に辿り着く。新人刑務官の苦悩と成長を描く社会派サスペンスだ。

 2006年のデビュー以降、NHK連続テレビ小説「花子とアン」や「THE LASTCOP/ラストコップ」(日本テレビ系)などのテレビや映画で活躍する実力派俳優・窪田正孝。今回のドラマで初めて新人刑務官役を演じるにあたって裏話や見どころについて話を聞いた。

──初の刑務官役を受けたときの感想とドラマ全体の感想を聞かせてください

 刑務官役を受けたときは「重み」があるという印象でした。刑務所の中のことは未知の世界なので新鮮な気持ちで演じられればいいなと思いました。後半からお父さんの死について暴かれていきますが、視聴者の目線になることをずっと意識していました。ドラマは刑務所という世界で人間の弱さ・強さ・醜さを描いていますが、私たちが暮らす実生活にも多く共通しているので置き換えて見ると楽しめるのではないかと思います。

(更新日:2017年3月20日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

dマーケットの「話題のドラマ・映画特集」

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME