斎藤工、ぽっちゃり演技に太鼓判「いつでも太る準備が出来ています」
斎藤工、ぽっちゃり演技に太鼓判「いつでも太る準備が出来ています」
【斎藤工/モデルプレス=3月15日】俳優の斎藤工が15日、都内でオムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』(4月8日公開)の公開直前プレミア上映会に参加した。
◆斎藤工に“デブ”レクチャー

初恋とタイムスリップをテーマにした一編に主演した斎藤の役どころは、太っていたイケていない学生時代に戻る男という設定。ぽっちゃり体型の井口昇監督が「太った男の子がどんな動きをするのか“デブ”レクチャーをしました」と舞台裏を明かすと、斎藤は「近くにモデルがいたので非常に恵まれた現場でした。上を向いて気道を確保するような呼吸法だったので、顔が常に上の方にある。人体のメカニズムを学べました」とニヤリ。

井口監督から「太った人の動きを完璧にコピーされていて素晴らしい」と太鼓判を押されると「いつでも僕は太る準備が出来ています」と新境地開拓に意欲をみせた。

◆斎藤工、初恋を語るも自粛?

また、作品の内容にちなみ、高校時代を回顧。「高校時代はHな事ばかりを考えていて『デラべっぴん』『ホットドッグ・プレス』を愛読していました。男子校を選んだのが人生の間違った選択だった」とほろ苦い青春を告白。

初恋については「学生時代は映画の中のヒロインにばかり恋をしていました。『スリ』のマリカ・グリーンや『月曜日のユカ』の加賀まりこさんとか」とマニアックに語るも「皆さんからの“やべえ奴だ”という視線を感じますね」とそれ以上を自粛していた。

◆映画『ブルーハーツが聴こえる』

(上段左から)/映画『ブルーハーツが聴こえる』公開直前プレミア上映会 (C)モデルプレス
同作は、1995年に解散した伝説のロックバンドTHE BLUE HEARTSの楽曲にインスパイアされた『ハンマー(48 億のブルース)』(主演:尾野真千子)、『人にやさしく』(主演:市原隼人)、『ラブレター』(主演:斎藤)、『少年の詩』(主演:優香)、『ジョウネツノバラ』(主演:永瀬正敏)、『1001 のバイオリン』(主演:豊川悦司)の6編からなるオムニバス。

作品完成直後に製作幹事会社が解散し、お蔵入りの危機に瀕したが、クラウドファンディングによって劇場公開が決定した。

イベントには、斎藤と井口監督のほか、『ハンマー(48億のブルース)』から尾野、飯塚健監督、『人にやさしく』から市原、『少年の詩』から清水崇監督、『ジョウネツノバラ』から工藤伸一監督、『1001のバイオリン』からは豊川、李相日監督が登壇した。(modelpress編集部)

エンタメニュースをもっと読む
(更新日:2017年3月16日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME