危うく“お蔵入り”だった…清水富美加が主演声優務めたアニメ「龍の歯医者」続編はどうなる?
危うく“お蔵入り”だった…清水富美加が主演声優務めたアニメ「龍の歯医者」続編はどうなる?
電撃出家した女優・清水富美加が出演している映画『東京喰種トーキョーグール』も予定通り7月29日に公開されることが決定して一安心。映画『暗黒女子』(4月1日公開)や『笑う招き猫』(4月29日公開。ドラマ版はMBSで3月19日、TBSで3月21日スタート)など、少なくとも詳細が発表されていたぶんの出演作に関しては、お蔵入りは回避できたようです。そして、清水が主演声優を務めたアニメ「龍の歯医者」もNHK BSプレミアムにて無事全2話の放送が終了。アニメファンから期待をかけられていた作品だっただけに、本当によかった!
【画像】『東京喰種トーキョーグール』の清水富美加

庵野秀明始め「新世紀エヴァンゲリオン」スタッフ参加

短編映像プロジェクト「日本アニメ(ーター)見本市」の一環として生まれた「龍の歯医者」は、国の守護神“龍”を虫歯菌から守る新米歯医者・野ノ子と、敵国の少年兵・ベルの冒険を描いたファンタジー。声優初挑戦の清水が野ノ子役を演じていたため、出家発表がされた際は、放送中止が危惧されました。しかし、お蔵入りとなるのはあまりに惜しい……。だって、アニメファンなら誰でも名前を知っているクリエイターが多数関わっているんですから。

まず、制作統括・音響監督を担当するのは、「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズで知られ、昨年公開の映画『シン・ゴジラ』では、実写分野での才能も世間に知らしめた庵野秀明。そして、監督は、「フリクリ」などの作品を世に送り出してきた鶴巻和哉。さらに脚本は、「少女革命ウテナ」や「桜蘭高校ホスト部」、「文豪ストレイドッグス」を手がけた榎戸洋司。脚本・原作は、「阿修羅ガール」で第16回三島由紀夫賞を受賞した作家・舞城王太郎が担当しています。アニメーション制作は、庵野が代表取締役社長、鶴巻が取締役のアニメ制作会社・カラーが務めました。

アニメファン以外に、この凄さをどう伝えたらいいものか……! とりあえず庵野、鶴巻、榎戸と「新世紀エヴァンゲリオン」に携わっており、つまり同アニメ級の衝撃作が誕生する可能性は充分! また、舞城は、『シン・ゴジラ』とのつながりを感じさせる、庵野による短編特撮映画『巨神兵東京に現わる』のテキストを担当しています。アニメファン、そして『シン・ゴジラ』に感銘を受けた人なら、チェックしておくべき1作が『龍の歯医者』でした。

続編制作が希望されているが…

清水の脇を、岡本信彦、山寺宏一、林原めぐみ、名塚佳織たち有名声優が固めて、スタッフ・キャストどちらも大変豪華な面子がそろった「龍の歯医者」。さらに、ふたつの国の戦乱と、虫歯菌(菌といっても実際は妖怪に近い存在で、人間の魂と何か関係している部分がある様子)との闘いを描いた壮大なスケールの物語も大変魅力的だったので、Twitter上では、「続編を作ってほしい」という声があがっています。確かに“龍の歯医者”なんて斬新な設定を、全2話で使い切るのはもったいなさすぎる! 虫歯菌だって、天狗虫やヨナキ虫、ニョロリ虫とバラエティに富んでいて、まだまだ違う種類が存在するんじゃないの?と思ってしまいますし……。

しかし、続編を制作するとなると、主演声優を担当した清水の動向が関わってきます。特徴的な声質が野ノ子のキャラクターにぴったりハマっていただけに、声優が交代する事態になるのは残念……。一時に比べて、清水の出家をめぐる報道はかなり落ち着いたものの、事態が決着したとは言えない状況です。まだ可能性を秘めていそうな「龍の歯医者」のためにも、なんとか良い方向に進んでほしいものですが。

なお、「龍の歯医者」は、3月20日16時15分より前後編がBSプレミアムにて一挙再放送されることが決定しています。

「龍の歯医者」始め清水富美加の出演作を配信中!
「龍の歯医者」始め清水富美加の出演作を配信中!
「Hulu」なら、ドコモのケータイ払いが使える!

今ならdポイントが貯まる!

(文/原田美紗@HEW)

(更新日:2017年3月18日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(テレビ)

無料コミック祭り最大400冊無料!

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME