【インタビュー】『怒り』李相日監督、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ「10年後、20年後にも生き続ける映画」
【インタビュー】『怒り』李相日監督、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ「10年後、20年後にも生き続ける映画」
数々の映画賞を受賞した『悪人』(10)の李相日監督の下、豪華キャストが集結したヒューマンミステリー『怒り』。東京、千葉、沖縄を舞台に、未解決の殺人事件の容疑者と目される3人の男と周囲の人々の関係を通…

 数々の映画賞を受賞した『悪人』(10)の李相日監督の下、豪華キャストが集結したヒューマンミステリー『怒り』。東京、千葉、沖縄を舞台に、未解決の殺人事件の容疑者と目される3人の男と周囲の人々の関係を通して、さまざまな問題をあぶり出していく骨太な作品である。興行収入16億円超の大ヒットを飛ばし、2016年の日本映画を代表する1本となったこの作品が、4月12日にBlu-Ray&DVDとして発売される。そのリリースを控えた李監督と出演者の渡辺謙、森山未來、松山ケンイチに、改めて作品を振り返ってもらった。


-公開から時間がたちましたが、改めて今のお気持ちをお聞かせください。

李 今の日本映画の流れの中で、決して見やすくて心地よい映画ではありませんが、それでも多くの人の心をいい意味で刺激することができたのは良かったと思います。

渡辺 李さんの映画って、どれも痛いんですよ。それは、ただ「感動した」というだけではなく、心の中に深く刺さる痛さがある。最近は口当たりのいい映画が多いので、若い人たちはなかなかこういう映画を見る機会がないと思うんです。幸いにもこの映画は、割と若い人たちにも見てもらうことができた。彼らは、映画の持つある種の“危険さ”みたいなものを体験してくれたのではないでしょうか。こういう作品が生き続ける必然性が日本映画にもないといけない。そういう意味で、これは10年後、20年後にも生き続ける映画だという気がします。

森山 映画が公開された後、自分の周りの人もいろいろ感じてくれていることは実感していました。自分でもえぐられる部分があったし、今までは沖縄に行ってもバカンスの感覚でしかなかったものが、今はもう、そうではない空気をまとってしまったような、ある種のトラウマ的な要素もあります。その一方で、この作品に関われた喜びや、充実感のようなものはずっと持ち続けるんだろうなという感覚もあります。

-松山さんは、千葉編で渡辺謙さんと共演しましたね。

松山 謙さんとは初めてだったので、いろいろ勉強させていただきました。

(更新日:2017年3月16日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME