野良ネコから家族へ。12年もの時間を共有し、幸せな一生をまっとうした愛猫が、残してくれたもの。
野良ネコから家族へ。12年もの時間を共有し、幸せな一生をまっとうした愛猫が、残してくれたもの。
動物と一緒に暮らす日々、それはそれまで感じたことがない喜びや感動を私たちに与えてくれます。また生活そのものが大きく変わったり、家族関係に影響を及ぼすことも…。そして、とあるご家庭でも1匹の猫を飼ったことで様々な変化が起こったのでした。

PECOのFacebookページに届いた一通のメッセージ。そこには飼い主さんと1匹の猫との出会いから別れが記されていました。

今回ご紹介するのは、とある飼い主さんからPECOに寄せていただいた、1匹の猫ちゃんと飼い主さんとの物語です。

突然の出会い

飼い主さんである市川さんは、自営業を営むご主人と息子さん、娘さんとの4人家族。

市川さんが猫ちゃんに出会ったのは、2005年の秋頃のことでした。

いつものように家に居ると、当時小学生だった息子さんが目をキラキラ輝かせて、こう言ってきたのです。

「かわいい猫がいるよ!」

どこからか迷い込んだのか、1匹の野良猫の姿が……
市川さんは、その子が自分から外に出ていくのを待つことにしました。


そして翌日。
なんと同じ場所にまたあの野良猫が現れたのです。その次の日も、また次の日も顔を見せる野良猫。

市川さんご一家は、毎日遊びにやって来るかわいいお客さんに、すっかり心を奪われれてしまいます。

野良猫も市川さんたちに次第に心を開くようになり、ごろ~んとお腹を見せたり、スリスリ甘えるような素振りを見せるようになりました。


季節も移り変わり、外では冷たい風が。市川さんたちは野良猫を心配し、家の中に招き入れるようになります。

そして野良猫に『ぷく』という名前をつけ、ますます深い愛情を注ぐように♪ そんな市川さんたちに、ぷくも可愛い仕草でお返事!

そう、彼らは自然と家族になっていたのです。


獣医師によると、ぷくは1歳くらいとのこと。

外は危険が多いため、完全室内飼いをしようと考えましたが、外の世界に慣れ親しんできたぷくは、時々外に遊びに出かけたがりました。“市川ぷく”と書かれた首輪をしていたこともあり、通りすがる人たちからも「ぷくちゃ~ん!」と、可愛がられる存在に…♡

もちろん外で遊んだ後はしっかりと家に帰ってきます。そんな、穏やかで愛らしいぷくの周りは、いつも沢山の笑顔で溢れ返っていました。

そして…

時は経ち、2017年。

当時1歳だったぷくも12歳になりました。12歳は人で言えば60歳以上……

ぷくにも老化による体への変化が起きていました。特に腎臓と歯の悪化が目立ち、点滴とペースト状にしたごはんを注射器で食べるという生活が続くようになったのです。


「ぷっこちゃんが上手く食べられるように、ママも頑張るから、一緒に頑張ろう!」

食べものを口にすることを拒んだぷくでしたが、市川さんの励ましに応えるこうに、ごはんを食べようと頑張る姿――。

しかしそんな中、ついにぷくは水を飲むのも辛い状態に……


体温は大きく下がり、獣医師からは “今日一日もたないだろう” と宣告されてしまいます。

市川さんはぷくの最期に付き添おうとしますが、この後どうしても外せない仕事が…。そんな当時を「悔しさと悲しさで涙が止まらなかった」と話します。悲しむママの姿を近くで見守っていたのも、やはりぷくでした。

この状況を知り、仕事を抜け出しぷくの元に駆けつけてくれたご主人にぷくを託し――

「私が帰ってくるまで、待っててね…」

そう告げて、市川さんは仕事に向かいました。


そして市川さんが仕事を終え帰宅すると…

「ぷくは待っていてくれました」

ぷくと市川さんが、ゆっくり一緒に過ごせるのは、寝ている時間だけであることを分かっていたぷくは、その時間まで頑張って待っていてくれたのです。


ぷくを部屋に連れて行き、一緒のお布団で寝る前に『ニャ、ニャ』という小さな声を聞かせてくれたぷく。

具合が悪くなってからほどんど鳴かなくなったぷくでしたが、最後の力を振り絞って飼い主さんに『ママ大好き、ありがとう』と伝えようとしているかのようでした。

そして、それから4時間後、ぷくは市川さんの手の中で天国に旅立ちました。


「ぷくは、私の願いを叶えるためにすごく頑張ってくれたと思います。そして私は、今まで主人があまり好きではありませんでした。会話もしたくないくらいに。でもぷくのことで一生懸命だった主人を見て、今は本当に感謝と信頼の念でいっぱいです。今までが嘘だったように、笑顔で会話をすることが普通になりました。」

そうPECOに語る、市川さん。

「穏やかなぷくが、私に穏やかな気持ちを残していってくれました。我が家の子になってくれて幸せでした。ぷくのことを家族一同ずっと誇りに思っています。」

10年以上、家族や様々な人たちから愛されてきた1匹の猫。その存在は小さな体以上に大きく、また多くの人たちにも影響を与えました。
どんな動物とも必ず別れはやって来ます。もちろんそれはとても悲しいことですが、彼らが残してくれた楽しい思い出や絆は心の中にいつまでも残り続けるのです。

ひとりの女性にとって「家族、我が子、大親友、恋人」その全てであった猫 “ぷく” のお話でした。

(更新日:2017年3月12日)
dマーケットの「話題のドラマ・映画特集」

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME