C.ティルマンが右肩に注射、4年連続の開幕投手は絶望的に
C.ティルマンが右肩に注射、4年連続の開幕投手は絶望的に
 ボルティモア・オリオールズのバック・ショーウォルター監督は現地14日、先発右腕クリス・ティルマン投手がPRP療法(自己多血小板血しょう療法)と呼ばれる注射治療を右肩に受けたと発表した。


右肩の治療を行ったC.ティルマン。(Getty Images)

 この処置により、ティルマンは3月17日まではオープン戦で投げない見通しで、今季のレギュラーシーズン初登板は4月8日以降になるという。

 28歳のティルマンは昨季、16勝6敗、防御率3.77の好成績をマークしたが、シーズン終盤には右肩の滑液包炎で3週間ほど故障者リスト(DL)入りしていた。

 ショーウォルター監督は開幕DL入りは避けられる可能性があると話しているが、今回の処置でティルマンの4年連続となる開幕投手は絶望的となった。(STATS-AP)

(更新日:2017年2月17日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME