前ツインズの名将R.ガーデンハイアー氏、前立腺がんを公表
前ツインズの名将R.ガーデンハイアー氏、前立腺がんを公表
 前ミネソタ・ツインズ監督で、今季からアリゾナ・ダイヤモンドバックスのベンチコーチに就任したロン・ガーデンハイアー氏が現地14日、前立腺がんを患っていることを公表した。


前立腺がんを公表したR.ガーデンハイアー・コーチ。(Getty Images)


 ガーデンハイアー・コーチは1週間前にがんの診断を受け、4月の第2週には前立腺の切除手術を受ける予定だという。昨年1月の身体検査では問題がなかったことから、医師は早期に発見できたと考えているようだ。

「みんなに言っているように減量中なんだ。なにせ2キロ以上ある前立腺を取ってしまうんだからね」とジョークも飛ばしたガーデンハイアー・コーチ。ただ、自身の状態について楽観視しているわけではなく、「これまでの人生で色んなことに立ち向かってきた。今回も戦うよ。病気に勝ってみせる」と誓いを立てていた。

 ガーデンハイアー・コーチは、2014年まで13シーズンもの間ツインズを率いて6回の地区優勝を達成した名将。昨季はツインズでGM特別補佐を務めていた。(STATS-AP)

(更新日:2017年2月17日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME