レッズのベテラン右腕、WBCイスラエル代表を辞退
レッズのベテラン右腕、WBCイスラエル代表を辞退
 シンシナティ・レッズの右腕スコット・フェルドマン投手が現地14日、今年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にイスラエル代表として出場することを辞退すると明言した。


昨季はリリーフがメインだったS.フェルドマン。(Getty Images)


 34歳のフェルドマンは、1月26日に年俸230万ドル(約2億6,000万円)の出来高ボーナス付きでレッズと1年契約を結んだ。しかし、同チームは今オフに昨季14勝のダニエル・ストレイリー投手をマイアミ・マーリンズへトレードしており、トミー・ジョン手術からの復活が期待されるホーマー・ベイリー投手も右ひじ手術と先発の駒不足が懸念されている。

 今大会で導入された「指名投手枠」で登録されていたフェルドマンだが、そうした状況を受けて、「(イスラエル代表への)打診はあった。だが、新チームに残るほうが重要だと判断した」とコメント。

 また、フェルドマンは「先発をやりたい」と話しており、昨季は40試合の登板でわずか先発5試合にとどまった同投手にとって、レッズのチーム状況はスターターへ返り咲くための好機でもある。(STATS-AP)

(更新日:2017年2月17日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME