長澤まさみ&高橋一生、初の“夫婦”役<コメント到着>
長澤まさみ&高橋一生、初の“夫婦”役<コメント到着>
【長澤まさみ・高橋一生/モデルプレス=2月15日】女優の長澤まさみと俳優の高橋一生が、映像配信サービスの新CM「ふたりをつなぐ物語」篇で初の夫婦役を演じることがわかった。
◆人と人のつながりを描いた夫婦の物語

今作が描くのは、宇宙飛行士になる夢を実現させて宇宙ステーションに滞在する妻(長澤)と、東京の街で働きながら妻の帰りを待つ夫(高橋)、そんな遠く離れて暮らす夫婦の物語。2人は地球と宇宙という遠く離れた場所に居ながら、いつも心通わせ合い、互いを想って生きている。


長澤まさみ「dTV」新CM「ふたりをつなぐ物語」篇より


高橋一生「dTV」新CM「ふたりをつなぐ物語」篇より

今作が表現するのは、物理的な距離や時空を越えて、映像エンターテイメントの力で世界中の誰とでもつながることが出来るという、18ジャンル12万以上のあらゆるエンタメ作品を提供するdTVからのメッセージとなっている。

◆長澤まさみ、初の宇宙飛行士役でワイヤー撮影に挑戦


長澤まさみ「dTV」新CM「ふたりをつなぐ物語」篇より

そして、大きな見どころのひとつが、長澤が初めて挑んだ宇宙飛行士役。長澤自身も驚くほど、精巧で本格的な宇宙ステーションのセットの中で、無重力空間を浮遊する様を表現するため、8時間を超えるワイヤー撮影に挑戦。


長澤まさみ「dTV」新CM「ふたりをつなぐ物語」篇より

そんな慣れない環境の中でも、遠く離れた夫を想う心の機微を、繊細に表現。タブレットを片手に、まるで本当に宇宙空間にいるかのように体を360度回転させるなど、体当たりで演じきった。

◆テーマ曲はブルーノ・マーズ

さらに、宇宙と地球という遠く離れた2つの場所が舞台となる壮大な世界観で描かれた本作に相応しいテーマ曲として、世界的トップアーティストであるブルーノ・マーズの「Talking To The Moon」を採用。楽曲が持つ歌詞の世界観ともシンクロし、物語により一層深みをもたらし、本作を感動で包む。(modelpress編集部)

■長澤まさみコメント
Q.今回のCM企画を聞いた時の感想は?演じる上で意識したことはありますか?
私が宇宙飛行士の役だと最初に聞いた時は、ちょうど宇宙博の展示を見に行ったばかりだったので、宇宙に縁があるのかなって嬉しい気持ちになりました(笑)。また、宇宙自体も以前に比べてより近い存在になっていて、遠くない未来に自分も出会うことができるようになるのかなと思いました。

演じる上で意識したのは、ある夫婦のごく普通の、普遍的な日常を描いているストーリーなので、今回高橋さんと一緒に撮影をすることは出来ませんでしたが、(高橋さん演じる)旦那さんを想い浮かべながら、そしてこういう夫婦はどんな感じなんだろうと想像し、夫婦としての思いやりを上手く出せたらなと思いながら演じました。

Q.実際に撮影してみた感想は?
実際に撮影してみて、体をつられて無重力空間にいるという設定はとても大変でした。無重力に見えるように、体の動きを作らなければならなかったので、中々ハードな撮影でした(笑)。ただ、衣装やセットも含めて、世界観が非常に作り込まれていたので、すんなり状況を受け入れて入り込むことができたかなと思います。やっぱり衣装やセットの力っていうのは凄いなと思いました。

Q.長澤さんご自身は「dTV」をどんな時に使われますか?
どんなデバイスでも観れるので、休みの日や、仕事の合間に使いたいです。このお仕事は移動することが多いので、移動中はもちろん、後はお風呂とか入りながら活用したいですね。

■高橋一生コメント
Q.今回のCM企画を聞いた時の感想は?演じる上で意識したことはありますか?
とても物語がしっかりしている素敵な作品だと思いながら画コンテを読んでいました。そんな素敵な作品の一部になれて、嬉しかったです。

Q.実際に撮影してみた感想は?
セットもとても作りこまれていて作品の中に没入できるようなアイテムがたくさんありました。奥さんが宇宙飛行士なので、宇宙に関する本や辞典だったりが部屋の中にたくさんあって、離れた場所で待つ寂しさを感じることができたと思います。

Q.高橋さんご自身は「dTV」をどんな時に使われますか?
場所を選ばずに、映画とか作品を見られるところが便利だなと思います。例えば、ホテルとかロケ先で、あまり時間がないときでも、わざわざテレビに頼らず、横になりながら作品を見られるので便利だなと思います。
(更新日:2017年2月16日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME