マンCはアグエロを売却すべき? G・ネヴィル氏「V・ニステルローイの最後は…」
マンCはアグエロを売却すべき? G・ネヴィル氏「V・ニステルローイの最後は…」
元イングランド代表DFギャリー・ネヴィル氏が、マンチェスターC(イングランド)について、FWセルヒオ・アグエロを売却することで、さらに強いチームになる可能性もあるとの見解を示した。英『デイリー・ミラー』紙(電子版)が現地時間13日に伝えている。


退団も噂され始めたアグエロ(Getty Images)

 マンCでは今冬、FWガブリエウ・ジェズスが新加入。パルメイラス(ブラジル)からやってきた19歳のブラジル代表は、スタメン起用された3試合で3ゴール1アシストと、早くも新天地でインパクトを残している。

 そのジェズスの活躍により出場機会を失い始めているのが、アグエロだ。今季の公式戦27試合で19得点を挙げているストライカーは、直近のリーグ戦3試合連続ベンチスタートとなっており、「クラブが僕をどうしたいのか知りたい」との発言もあって、今夏の移籍も噂されている。

 『スカイスポーツ』で解説を務めるG・ネヴィル氏は、アグエロをベンチに置くというペップ・グアルディオラ監督の判断に同調。自身がプレーしていた時代のマンチェスターU(イングランド)を引き合いに出し、当時のFWルート・ファン・ニステルローイとFWルイ・サハとの関係に似ていると語った。

 G・ネヴィル氏は『スカイスポーツ』で、「(ファン・ニステルローイの)マンUでの最後は、ルイ・サハの“犠牲者”になったと思う。サハは明らかにファン・ニステルローイほど優れた点取り屋ではなかったけどね」

 「でもサハは、コースへの走り込みやボールキープといった汚れ役をこなし、カウンター時のスピードもあった」とコメント。得点力という点ではファン・ニステルローイ氏に劣るものの、サハ氏はそのほかの部分で貢献したと語った。

 G・ネヴィル氏はまた、「ファン・ニステルローイは、私が共にプレーした選手の中で最も偉大なストライカーの一人だったので、その決断は不可解にみえたかもしれない。しかし、彼の移籍後プレースタイルは変化し、より良いチームになったと思う」と述べ、偉大なゴールゲッターよりも、チームのためにハードワークする選手を残したことで、マンUはより強くなったとの見解を示している。

(更新日:2017年2月14日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME