MSNが揃ってゴール、バルサ6発大勝もビダルを失う C・ロナウドら決めたレアルも白星/リーガ
MSNが揃ってゴール、バルサ6発大勝もビダルを失う C・ロナウドら決めたレアルも白星/リーガ
 リーガ・エスパニョーラは現地時間11日に第22節の4試合が行なわれ、2位バルセロナは12位アラベスに6対0と圧勝した。メッシ、スアレス、ネイマールのいわゆる“MSN”が揃ってゴールを挙げた。


バルサは絶好調スアレス(右)の活躍で圧勝(Getty Images)

 バルサは37分、華麗なパス回しからスアレスが決めて先手を取ると、40分にはスアレスのアシストからネイマールが加点。59分には相手の甘い守備を突いたメッシが難しい角度のシュートを放って3点のリードを得る。

 バルサはその後、スアレスの完璧なラストパスを受けたメッシがゴール前に走り込んで相手のオウンゴールを誘発すると、65分にはスアレス、メッシ、スアレスと繋いで最後はラキティッチがチーム5点目。締めくくりは67分、相手GKの弾いたボールをスアレスがボレーで叩き込み、ゴールショーを終えた。

 スアレスはこれで公式戦直近9試合出場で10得点目。リーガでは今季18得点で得点ランクトップにつけ、メッシが同17得点で2位と続いている。

 大勝のバルサだが、一方で試合中にアレイクス・ビダルを失うショッキングなシーンが発生。同選手は終盤に相手選手の激しいタックルを受けて負傷し、担架で運ばれた。バルサはビダルが右足首を負傷し、5カ月の離脱となると発表している。

 バルサのルイス・エンリケ監督は「彼にとっても、チームにとっても、深刻な痛手だ」とコメントしている。

 首位レアル・マドリーは、最下位オサスナに3対1で勝利。24分にクリスティアーノ・ロナウドが先制ゴールを挙げるも、その後追いつかれるとなかなか勝ち越し弾を奪えず苦労したが、62分にイスコが決めてリードを手に。最後はバスケスのゴールで試合を決めた。

 この試合でも深刻なケガが発生した。オサスナでは、開始12分にDFボニンがイスコと交錯して倒れた際、両脛骨と右腓骨を骨折するという重傷を負った。また、レアルでもDFダニーロが後半に左足首を負傷し、病院へ搬送されている。

 そのほか9位アスレティック・ビルバオは、ムニアインとアドゥリスの得点で、15位デポルティーボを2対1で退けた。13位ベティスと16位バレンシアの一戦は0対0で終了。前日に行なわれた8位エスパニョール対5位レアル・ソシエダの試合は、ベラとイジャラメンディが決めて2対1とソシエダに軍配が上がった。(STATS-AP)(写真提供:Getty Images)

 

(更新日:2017年2月13日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

dマーケットの「話題のドラマ・映画特集」

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME