top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

復讐の留守堂 北川景子主演『家売るオンナの逆襲』第10話(最終回)レビュー

music.jp

復讐の留守堂 北川景子主演『家売るオンナの逆襲』第10話(最終回)レビュー(C)music.jp 不動産屋を舞台にしたコメディ、北川景子主演、日本テレビ系列ドラマ『家売るオンナの逆襲』。3月13日(水)夜10時に放送された最終回第10話では、テーコー不動産新宿営業所の前に、万智への復讐心をたぎらせた留守堂が再び立ちふさがった。留守堂の野望に対し、万智は対抗策を練った。万智対留守堂の戦い、ついに決着!!

家を売ることに異常なまでの執着心を持ち、狙った獲物に必ず家を売りつける凄腕ハンター・三軒家万智。その前に突如現れたフリーの不動産屋・留守堂謙治。ふたりは互いに認める良きライバル関係にあったが、万智への想いを暴走させた留守堂は、万智からの叱責にあい、傷心のまま姿を消してしまう。

外資系企業の攻勢に、新宿営業所はピンチに

万智に壮絶にフラれた留守堂謙治(松田翔太)が消えた。それから1年。新宿営業所の前に強力なライバルが現れた。外資系企業リッチブラスト不動産だ。万智を思わせる手法を使い、次々と家の売買を成功させていった。その攻勢の前に新宿営業所は売り上げを落とすばかりだった。

庭野聖司(工藤阿須加)と足立聡(千葉雄大)は、ライバルの内情を探ろうとRB社に潜入し、万智の売り方を学習させたAIの存在を突き止めた。そのプログラムを開発したのは、万智への復讐に燃える留守堂謙治だった。留守堂は、足立に古びた集合住宅地「新宿ガーデンハイツ」再開発計画を指揮していることを明かした。

万智、留守堂の計画を阻止

新宿ガーデンハイツは老朽化が進み、住民は高齢者ばかりだった。RB社は札束攻勢で物件を次々と買収。残すは高齢の兄弟・藤見明(笹野高史)と譲(本田博太郎)だけとなっていた。三軒家万智は庭野とともに調査に入り、ふたりに会った。彼らは一世を風靡したマジシャングループ「マジック7」のメンバーだった。彼らの特技を生かせば、RB社の強引な再開発計画をストップできる。万智は計画を立案し、屋代大(仲村トオル)を通し新宿営業所の総意として、社長(舘ひろし)に計画への協力を依頼することにした。

社長は万智を呼び出し、計画に必要な100億円を拠出する旨、伝えた。万智はその資金でRB社から新宿ガーデンハイツを買収した。はしごを外される形になった留守堂はRB社社長に抗議するが、ビジネスに私情を持ち込むなと突き放された。さらに万智からは、不動産屋は売買によって人を幸せにするべきで、その原則からはずれているではないかと非難された。

マジックセブンのイベントに現れた助っ人は

テーコー不動産は新宿ガーデンハイツをフルリノベーションしたうえで大々的に売り出すことにし、その旗振り役にマジックセブンを起用した。話題作りにマジックセブン何十年ぶりのマジックショーが開かれることになった。そのイベント当日アクシデントが起きた。メインイベント“黒ひげ危機一髪”の剣士役が出場できなくなってしまったのだ。代役は……。

ステージ上で箱に次々と剣を刺していく仮面の男の剣裁きを見た足立は、男の正体に気づいた。

何も告げずに帰路についた男の後ろ姿に足立は「謙治〜」と呼びかけた。「駅、あっち」。留守堂は元の心優しき留守堂に戻っていた。

万智、飛び級で社長に就任

ラストの仕掛けがマジシャンというのは突飛だし、どう着地させるつもりなのかと見ていたのだが、留守堂改心というラストに導くためだったとは。考えてみればフェンシングが趣味という設定自体が奇妙なわけで、シリーズ開始当初からこの感動のエンディングに持っていくための伏線として考えられていたのか!! ←んなわけない。

留守堂が去っていき、これにてシーズン2は終了となったが、万智が社長に任命されたこと、新たな命を宿したことはシーズン3への伏線でしょう。RB社のような強力なライバル会社が現れて抗争になる、という感じになるのかな。

家売るオンナの逆襲 公式サイト
https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu/

TOPICS

ランキング

ジャンル