top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

飯島愛も…奇妙な亡くなり方をした有名人10人

JOOKEY

突然の有名人の死、特に若くして亡くなった場合は、その「死因」や「状況」が注目されることがあります。海外では、ダイアナ妃やマリリン・モンローなどが未だ奇妙な死として語られていますね。実は日本でも、謎が残る奇妙な状況で亡くなった有名人がいます。人々の記憶にもっとも残った「奇妙な死に方をした有名人」は誰なのでしょうか。

 

■質問内容

奇妙な死に方をしたと思う有名人はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:飯島愛/自宅で謎の孤独死 46.0%
2位:尾崎豊/民家の軒先で謎の死 42.0%
3位:坂井泉(ZARD)/病院で謎の事故死 34.0%
4位:桜塚やっくん/高速道路で車外に出て事故死 18.0%
5位:川田亜子/車の中で自殺 12.0%
5位:大杉漣/撮影中急死 12.0%
7位:奥山英志/自殺後、身元確認まで約8か月掛かる 11.0%
8位:岡田有希子/ビルから飛び降り 8.0%
8位:臼井儀人/登山撮影中転落死 8.0%
8位:松野莉奈(私立恵比寿中学)/不整脈による突然死 8.0%

 

●自殺説・他殺説も…自室で孤独死した飯島愛

セクシータレント、毒舌タレントとしてお茶の間の人気だった飯島愛さんが自室で遺体で発見されたのは2008年のクリスマスイブ。自宅を訪ねた親戚によって発見されましたが、その後、死後1週間ほど経っていることが判明しました。警察は死因を肺炎と発表。しかし、飯島さんがまだ36歳と若かったこと、生前、若いころからなかなか波乱万丈な生活を送っていたことからさまざまな憶測が飛び交い、自殺説や他殺説も出ていました。

死因が本当に肺炎だったのか、という点はもちろんのこと、交友関係が広いとされていた飯島さんの発見が1週間もされなかったことも奇妙とされている所以です。

 

●全裸で傷だらけ…伝説のシンガーの謎の死

思春期の葛藤を表現した歌で10代の若者たちのカリスマとなった伝説のシンガー・尾崎豊の死に方も、芸能史に残る奇妙なものでした。民家の軒先で倒れていたところを発見され病院に運ばれたのですが、その際、全裸で全身傷だらけだったとされています。その後、病院で手当てを受け自宅に帰って間もなく死亡。どう考えても尋常な死に方ではありません。状況だけ見ると、事故や事件に巻き込まれた可能性が高そうですが、死後、遺書とみられる文章も見つかっていることから自殺説も出ています。

 

●病院で頭から血を流して…坂井泉水は事故死?

人気音楽ユニット「ZARD」のボーカルを務めていた坂井泉水さん。子宮頸がんを患い入院していた病院の駐車場で、頭から血を流した状態で仰向けに倒れているところを発見されました。死因は脳挫傷。病院の建物脇にある非常用スロープから転落したものと思われています。原因について、散歩に出てスロープに腰を掛け誤って転落したのでは、という「事故説」が有力とされていますが、朝の早朝で天気は雨など散歩するには不自然な状況などから「自殺説」を有力とする人もいます。

 

■真相は謎のまま…

亡くなり方に奇妙な点があると、報道も加熱しさまざまな憶測が出ますが、亡くなってからだいぶ経ち、今後真相が明らかになる可能性は低いと考えられます。今後も謎の死として語り継がれていくことでしょう。

 

HORANE調べ
2019年1月
調査対象:10~40代の男女

 

TOPICS

ランキング

ジャンル