top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

【インタビュー】コナンOPを歌うNormCoreから悩める若者へ送るメッセージ

UtaTen

まふまふと共作した『カウントダウン』



――新曲の『カウントダウン』はアニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマですが、Fümiさんご自身、コナン世代ですか?

Fümi:そうですね。家で家族と一緒によく見ていました。


――主題歌が決定したときの気持ちはいかがでしたか?

Fümi:率直に嬉しかったですね。


――まふまふさんが作詞作曲に入られていますが、一緒に制作することになったきっかけから教えてください。

Fümi:僕が単純にまふまふさんの事がすごく好きでリスペクトをしていまして、今回こういった大きなタイアップもあったのでわがままを言わせていただきました。会社の方でまふまふさんと御縁があったので、オファーをさせていただき、まふまふさんも快諾して頂いたので、今回実現したという感じです。


――曲の制作について、対面で楽曲の方向性などのお話しはされたんでしょうか?

Fümi:どちらかというと、メールが多かったです。僕もまふまふさんも曲を自分で作るので、自分の家がスタジオみたいになっているんです。なのでデータを送りあった方が効率的でした。


――『カウントダウン』は『名探偵コナン』のオープニングテーマとして書き下ろしをされたということですが、アニメの持つ様々な表情のうち、どのようなシーンを切り取られた楽曲なのでしょうか。

Fümi:歌詞はミステリアスで意味深なものにしていったので、曲に対してこれはこういう意味だっていうのは明言していかないでいこうという感じなのですが、とはいえオーソドックスなテーマをメインとしています。

今は、劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』の安室さんなども賑わっていますが、僕等の世代は新一くんと蘭ちゃんのメインストーリーがあるので、シンプルイズベストというか、新一くんの心情とも重なるような所です。コナンのビックテーマから外れないようにというのは、抑えていました。


――ミステリアスな感じのテーマというのは、割とFümiさん発信のリクエストなんですか?

Fümi:そうですね。作りたい曲を何曲かあげて、マイナーアップチューンでと決めて。まふまふさんが作ってきてくださった一発目の曲にしました。


――その時点で仮歌詞はあったんですか?

Fümi:最初に歌詞はなくて。二人とも描きたかった所は、オーソドックスなコナン感が一致していたので。そこからどんどん肉付けして完成していきました。


――「吹き飛ぶ未来」、「二律の背を押す」、「加減知らずの筋書きで」というパンチのあるワードがありますが、かなり振り切っていますよね。

Fümi:そうですね。明るくポップなオープニングもあると思うけど、せっかくならシリアスとミステリアスさがある、カッコいいものが良いかなっていうのと、哲学的な単語選びはまふまふさんのオリジナル楽曲で、そういった片鱗も見えていました。そういう部分も好きだったので、まふまふさんを全面的に信頼して共作させていただきました。


――曲の冒頭、「二律の背を押す」のあとに、「ああ」と早速Fümiさんのハイトーンボイスにお目にかかれますよね。すごく鳥肌が立ちました!「二律の背を押す」もなんだか難しい言葉ですが、二択で迫られている事を示していますか?

Fümi:それは良かったです。そうですね。二択で迫られる局面を乗り越えてという感じです。


蘭ちゃんとの赤い糸が切れてしまうのか?



「カウントダウン」【名探偵コナン盤】ジャケット

――「コードを切るくらいで」という描写は爆弾処理をイメージしたような喩えですね。

Fümi:そうですね。事件の直接的な所でもありますし、蘭ちゃんの事と言えばその選択で、蘭ちゃんとの赤い糸が切れてしまうのか、繋がったまま未来に繋がるのか?など色んな解釈があるので。正解はみんなの心の中に..という感じです。


――歌声も前作の時と比べてヤングな感じがして、悩みや迷いを抱えているような気がしました。歌い方や声色で意識された点はありますか?

Fümi:淡々と歌った方が伝わるのかなと思いました。新一くんもがむしゃらにやっているけど、すごいスマートに見えるし。IQも高いし。淡々と歌う事によって、強がっている男のカッコよさも出るんじゃないかと。ファーストとセカンドに比べては、淡々と歌う事を心掛けました。


――新一くんのイメージを出したんですね!

Fümi:カッコいいという部分を掘り下げましたね。“今回の答えはそれ!”って感じでした。


――「水底は澄みきった青色らしいんだ 汚れていたのは汚いものを見すぎたこの眼?」という歌詞は深くて綺麗だなと思いましたが、どういった意味を込められたのかが気になりました。

Fümi:歌詞の意味に答えはないんですよ。なので僕がNormCoreのFümiとしてではなく、いち視聴者として独り言を言うのであれば、コナンってずっと単行本が多いじゃないですか?その中で、コナンが謎解きをして解決しただけではなくて、色んな事件の中で必ずしもその犯人が本当に悪くて、全てがダメだったという人生を歩んでいる訳ではなくて。

コナンも「真実はいつもひとつ」って言って、悪を裁いてどんどん話は進んでいくけど、コナン、新一の心情っていうのは多少の揺らぎはあると思う。これは自分の進むべき道なのかとか。今作の『ゼロの執行人』では、人の死とかも関わってきて何が正義なのか?がファクターになってくると思います。

そういった意味もあって、時に迷ったりだとか本当にこれで良いのか?という気持ちを比喩したんじゃないか?と。いち視聴者は語っています(笑)。


――いち視聴者として「野次の類はいつの日か耳を塞いでいたんだ」というフレーズに関してはFümiさん自身どんな解釈をされていますか?

Fümi:いち視聴者としての独り言を言うのであれば、さっきの所と近しいものがあります。色んな人の思惑があって事件が起きていて、今の日本社会もそうですけど常々警察が正しい事をしていて、警察が褒め称えられる訳ではないんですよね。

推理をして色んなことを暴いて解決していく中で、やっている事は正義なんだけどそれが妬まれたり疎まれたりしちゃう。でもそれは腹をくくって、その選択をし続けている。

蘭ちゃんとの事も、こういう俺だけど、命をかけて最後まで運命の糸を手繰り寄せて君まで辿り着くよ。だから誰に何を言われようとこのさだめを受け入れて、頑張って前に進んでいる気持ちが入っているのかもしれないなーって。いち視聴者として思います。


――今回のレコーディングで印象に残っている事はありますか。

Fümi:レコーディングはさくっと終わりました。イメージしていた仕上がりに終わった感じです。


――ミュージックビデオも公開されていますが、どのようなイメージを反映させたのでしょうか。

Fümi:1stと2ndが黒っぽいイメージだったので、それを白に変えてみたりとか。なるべく自然光が存在するような絵を選んでみたりとか。新しい事を映像的にもトライしつつ、ちゃんと今回の歌詞が伝わりやすいような作品になっています。


――『カウントダウン』の編曲には、三矢禅晃さんが入られています。バイオリンとギターの部分も、三矢さんが編曲されていますか?

Fümi:そうですね。


――メンバーのお二人は、ご自身のパートを編曲されることはあるのでしょうか。

Fümi:今の所、楽曲の制作ではないですね。ライブとかでカバーするときは、好き勝手にみんな弾いている感じです。


――この曲はライブで絶対、のりやすい曲ですね!

Fümi:のりやすいし、わかりやすい曲なので聴いている人も楽しめるのかなと思います。


NormCoreワンマンライブ「NormCore Night Vol.2」



――9月8日にCIRCUS Tokyoで、NormCoreワンマンライブ「NormCore Night Vol.2」が開催されます。そこへの意気込みもお聞かせください。

Fümi:これがワンマン2回目なので、より曲数を増やしたりとか世界観をストイックに作りこんで、1回目より盛り上がるライブにしようかと思っています。ぜひ来てください。


――ライブのときのFümiさんって、「いぇーい!!」ってなったりするんですか?(笑)

Fümi:そうですね!!


――インタビューをしているFümiさんのイメージからだとあまり想像が出来ませんでした(笑)。

Fümi:普段は割と静かにするように心がけています(笑)


――ファンの方もジャンプしたり、頭を振ったりされるんですか?

Fümi:そうですね。みんなでジャンプをしたりのったりみたいな感じです。

『モハンカイトウ』は自分の中にある社会や大人に対する想い



――カップリングの『モハンカイトウ』は作詞作曲をFümiさんご自身がされています。カタカナというタイトルの時点で、自分とは離れているリアルじゃない感じがしました。このテーマで曲を書き始めたきっかけを教えてください。

Fümi:せっかくなので、自分が好きな事+自分のリアルな想いを曲にしたいっていうのと、今のカルチャーを動かすのは、ティーンエイジャーだと思ったんです。若い子に刺さる自分のリアルな体験を考えると、あんまり僕自身の恋愛とかは教えてあげられる事ないなって。

だから、自分の中にある社会とか大人に対するカウンター的な思想を全面に押し出して、若い子に届けばいいなって思ったのがこのテーマです。


――カルチャーを動かす若者以前に、カルチャーを動かしたいっていう気持ちが最初のきっかけですか?

Fümi:そうですね。正直、音楽にめっちゃ詳しい人に「ここの音作りが海外のこういう曲っぽくてすごい、良かった」って言われるのは凄い嬉しいんですけど、それ以前に音楽をそんなに詳しくない中高生に圧倒的に支持される事の方が大事かなって。カルチャーを動かしたいというより、知ってもらわないと意味がないかなって思っています。そこから逆算をすると若者に向けた楽曲を作るのは、一つ良い選択なのかなと。


――『モハンカイトウ』はFümiさんが感じたリアルな体験などから出てきた歌詞なんですね。

Fümi:そうですね。

――この曲調とこの歌詞を融合させた所が意外でした!こういった曲調のイメージもあまりなかったですし…。この曲調と歌詞で歌われているようなテーマを融合させたのには理由がありますか?

Fümi:僕は普段EDMしか聴かない人間なんです。そういう音色とJ-POPロックを良い塩梅で融合できたら良いなという想いから、こういうサウンドを選びました。歌詞は、サウンドとあまり関係ないかな?って個人的に思っています。ラップでもラブソングや「ふざけんなバカヤロー」って言っているような作品も幅広くあるし。


――声質も『カウントダウン』よりかは太目になっていますよね。大人な感じがして素敵でした。

Fümi:そうですね!良かったです。


――女性の声が入っていますよね。

Fümi:そうです。前々からすごい女性の声を使いたくて、今回合いの手みたいなフレーズも出てきたので、それを試してみようかなって思って。『カウントダウン』を邪魔しない折衷案を意識しました。本当にやりたい事を突き詰めたら波状してしまって、『カウントダウン』と合わなくなっちゃうので、良い塩梅の所を出しました。


――「本当にやりたい事」ということですが、今一番やりたい事ってどういうことでしょうか?

Fümi:特に明確にはないんですよね、毎日やりたい事が変わるので(笑)。『カウントダウン』があるので、ポジティブに良い意味な制限です。学生服の中でアレンジしてオシャレするみたいな事ですね。


――「そうやって知らず知らず いや知ってるさ」という描写は、とてもわかるなと思いました。学生の方などは、こういった悩みを数多く抱えている人が多いと思うのですが、Fümiさん自身もこういう事は学生時代に感じてきた事でしょうか?

Fümi:そうですね。小学生ぐらいから感じてたかな。


自分を救ってくれるものに出会って欲しい



――右向け右には、従わなかったようなタイプですか。

Fümi:そうです。説明してもらえた事が一回もなかったので、信じる価値はないかなって思っていました。ただちゃんとした説明があればいいんですよ。例えば、「髪を短くしてください」って中学校の頃に言われたんですけど、僕は「その理由を先生なりで良いので、ちゃんと教えてください」って言ったんです(笑)。でも「短くしろ」としか言われなかった。


――おぉ!!(笑)

Fümi:例えば、「これは学校の決まりで、私の立場ではそのルールを変えることはできません。なので、私は君たちに強制させる事しかできない。でも、意味がわからなくても一回強制に応じてみる経験がいつか君たちが社会に出たときに役に立つ。例えば、平社員から入ったとして先輩の指示を聞く、一回やってみる。

そこで何を感じるか?という心の体制になるかもしれないよ?だから前向きにやってほしい」とか言われたら、「そうなんだ」ってなると思うんです。眉毛を剃るとか、髪型の事とか、靴が白じゃなきゃいけない理由も聞いたんですよ。

そしたら「そうしろ」としか言われなかったから、そんな奴らの事を聞いても何の意味もないって思ったんです。そう思いませんか?


――そう思います!!!

Fümi:子供たちはバカじゃないんですよ。その意味が知りたいだけ。っていう。その先生の意図としている所を知れれば、お互い人間だから歩み寄っていけるんです。でも歩み寄る事を放棄する大人が多いもんで。


NormCore

――“光”のような楽曲ですね!全国の小中学校で『モハンカイトウ』を校歌にしたら良いと思う(笑)。

Fümi:それはやばい生徒が生まれそうなので、おススメはできないです(笑)


――私も学生時代そうでしたが、自分は何が嫌で、なぜ反抗心が生まれるのかっていうのがわからない子も多いと思うんです。

Fümi:そしてそれが問題なのが、学校のクラスが1人の子の全ての世界になってしまうことで、可哀想だなって思うんです。僕はその時に音楽っていう逃げ場があったから、そこで音楽に関わる大人とかが普通じゃない自分を認めてくれた上で、今後の人生を助言してくれる人たちと運よく会えたから良かったんです。

だからそういう子たちに、何か1つ、本でも良いし、偉人の言葉でも良い、映画のワンシーンの1つの台詞でも良い、自分を救ってくれるものに出会って欲しいなって。それが僕の音楽だったら最高だなとは思うんですが…。必ず出会える事だと思うし、自分の心の中の輝きを誤魔化さずに無理に火を消してしまわなければ。

もしいじめられていたとしたら、その炎をわざわざみんなに見せびらかしたらまたいじめられちゃうから、そこはクレバーに強かに生きなきゃいけない程、世界は残酷だと思う。

でもそれを1人でいる時間には、しっかり見つめて、いつかわかりあえる人と出会えたときに、自分らしさが出せるように自分を見失って欲しくないと思います。


――そういった想いから「普通という防腐剤」というフレーズも出てきますね。これはどういう意味で、何を例えられているんでしょうか。

Fümi:日本人にありがちなのが、普通はこうなんだからこうしておくんだよっていう完全に思考が停止している残念なパターンの人が多いし。だけどそれが正義になったりとか、それじゃない人がおかしいみたいな事もあって、その環境に悩んでいる人も沢山いるんです。


――大人の世界でも言えますよね。

Fümi:そうですね。だから「防腐剤」って悪い意味ではないんですよ。元々臭くないようにするものだし。現代社会は過剰摂取しすぎかもしれないです。


――こういう例えって、書いていくうちにどんどん出てくるような感覚なのですか?

Fümi:この曲は結構かかりました。1週間ぐらいですね。最初はワードだけ考えて、最後はパズルのピースのように組み合わせていきました。スラスラ―とはいかなかったですね。


――「こうやって体だけじゃなくて」の所から、歌い方が強く意志のこもったようになった感じがしたのですが、そこも意識した所なんですか?

Fümi:単純にビルドアップ感と、ある意味自分の心情を歌うパートなんで強くエモーショナルになる感じですね。そこに至るまでは、ただの状況説明なので。強くなる所は自分の気持ちが反映しています。

――ラストサビの前に間奏が入るじゃないですか?そこで「そうやって知らず知らず」って繰り返して、最後に「あんな大人になりたくない」と言っていますが、そこは歌詞として表記されていないですよね。

Fümi:はい!音という感じでいいんです。


――個人的に「たった百点が満点なんじゃ夢を抱くなど無理難題さ」という歌詞が良いなと思いました!

Fümi:日本の教育って減点方式なんで、100をマックスとしてどんだけ失点したらダメみたいな。でもみんなの中には、他が全部0点でも、ある一つだけ200点とれる子もいると思うんです。そういう可能性を無視しちゃっている事が多い。まあ、そういう環境だと夢なんて持てないですよねという所です。

Fümiのピックアップフレーズ!!


――Fümiさんの中で、お気に入りのワンフレーズを教えてください!

Fümi:作詞家として上手いパンチライン出たなーって思うのは、「空気なんて吸って吐くべきで読み解くなど無理難題さ」です。
でも伝えたい所は、「いつか誰かと分かち合えるから」ってとこですね。僕もずっと音楽をやっていて、お金とかそういうのじゃなくて自分と同じ気持ちを抱えて生きてきたクリエイターとかと、話が通じ合えたときに、音楽をやっていて良かったなーって思えるんです。

形無きものを作り戦う日々っていうのを選んで良かったなって。安定的な仕事をしている人よりかは、波が高いから悪い事があったら普通の人よりもダウンはしちゃうけど、そのときの喜びは仲間と通じ合った所が生きていてよかったと思える瞬間だと感じれるので。今出会えてない人たちも、いつかは自分と通じ合える日が来るからねって伝えたいです。


――そういう風に言ってくれる大人な方がいてくれると、今の子たちも救われますね。

Fümi:自分の心の炎を消さなかったらの話ですね。消しちゃったらお好きにどうぞってなると思うので。


――Fümiさん自身、諦めそうになったときや、挫折しそうになったときってどういうマインドで乗り越えられたんですか?

Fümi:もうしーらねっていう感じです(笑)。そこは自分の嫌いな所でもあるんですが、考えすぎるというか、実に日本人的。海外なんて明日彼女とデートだから公務員の仕事休みますとかもあるし。

何が普通なのか?っていうのを自分で決めつけちゃったらダメなのかな?と思います。だから休めっていう訳ではないですけど、たった一つの仕事とか、たった一つの嫌な事で死にたくなっているんだったら、それを一回放棄してみるのも良いんじゃないですかね?って。一度止まると書いて正しいという漢字にもなるし。


――本当だ!!

Fümi:止まったことによって、実はその人の人生自体が、前に進んでいるかもしれない。信じるか信じないかはあなた次第です!!


――最後にFümiさんにとって『カウントダウン』がどんな1枚になったかお聞かせください。

Fümi:これが僕たちNormCoreの3枚目のCDとなります。1枚目、2枚目もそうだったんですが、今回コナンという大きいもの、そして尊敬しているクリエイターまふまふさんとコラボできたことで、色んな要素がレベルアップしました。

僕たちの名刺代わりになるような一枚になったと思います。とにかくNormCoreについて知りたいなら、この曲をぜひ聴いて欲しいし、友達におススメしてこのCDを配ってください!!よろしくお願いします!!

TEXT:愛香
PHOTO:片山拓

TOPICS

ランキング

ジャンル