top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

「大谷選手の実力に不安はなかったです」/グレース・マクナミー エンゼルス広報インタビュー

週刊ベースボールONLINE

「今年のエンゼルスは“ケミストリー”がいい」



エンゼルス・大谷翔平(写真=Getty Images)

 カリフォルニア大アーバイン校に在学中だった1995年、野茂英雄氏のドジャース入団を機にドジャースで広報担当を務めたグレース・マクナミー広報。ドジャースでは4年間働いた。その後は球界から離れていたが、大谷翔平が入団した今年、エンゼルスの広報部に入り、大谷とメディアの橋渡しに従事している。ロサンゼルス生まれ。夫と2女の母でもある。

――これまでの経歴を簡単に教えていただけますか。

マクナミー 日本の総合商社に勤めていた父の勤務地・ロサンゼルスで生まれました。9歳から14歳まで愛知県と神奈川県で過ごし、日本では地元の公立校に通っていました。ハイスクールで再びロサンゼルス。日本にいた間に英語を忘れてしまい、苦労しましたね。私にとっては大きなチャレンジの年でした(笑)。

――大学在学中にドジャースで広報になりますね。

マクナミー 当時ドジャースのオーナーだったピーター・オマリーさんの知人が知り合いにいました。その知人は私が野球好きなのを知っていて“ドジャースに日本人の選手が入ったんだけど、通訳する気ない?”と誘われたのがきっかけでした。まだ大学が1年残っていたのですが、インターンとしてドジャースに入り、卒業してドジャースの広報に入りました。ドジャースではいろいろな経験をさせてもらいましたね。ベロビーチのスプリング・トレーニングではオマリーさんがメディアとのパーティーを開いてくれたりして、雰囲気のいいチームでした。とても懐かしいですね。

――野茂氏はドジャース4年目の98年6月にメッツへトレードされます。マクナミー広報もドジャースを離れることになりました。

マクナミー広報 その後はスクウェアというゲーム会社で映画のマーケティングと広報をしました。2002年くらいまでそこで働かせていただきました。その間に結婚し、子どもも生まれました。

――そして今年、大谷入団で久々にメジャー復帰を果たしたわけですね。

マクナミー 野球場に来ると、エネルギーを感じます。私もエネルギーが欲しくなったんですね。上の娘が高校生で、下の娘も今年中学を卒業して高校生になります。(職場に戻るのに)ちょうどいいタイミングだったと思います。


ソーシア監督(左)、マクナミー広報(写真=樋口浩一)

――大谷選手はオープン戦で投手として0勝1敗、防御率27.00で打者としては打率.125、本塁打ゼロ、打点1でしたが、不安はありませんでしたか。

マクナミー 彼の実力に不安はありませんでした。開幕後、いいスタートが切れてよかった。球団の一員として、またファンの1人としてうれしかったですね。今年のエンゼルスのチームは、とてもケミストリー(相互関係)がいいと思います。お互いがお互いを尊敬しあっていて、ムードがいいと思います。

――大谷選手は右ヒジ内側側副じん帯損傷で1カ月ほど戦列を離れ、7月3日に打者として復帰しました。

マクナミー また頑張って、ファンを喜ばせてほしいですね。

取材・構成=樋口浩一

TOPICS

ランキング

ジャンル